上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今週から最前線へ送られた義勇軍

帝国の占領下のラグナイト採掘の工業都市ファウゼンの奪還作戦が開始される、


破壊

地元レジスタンス?による工場破壊工作ですかね?


帝国の攻勢が少なくなり戦局はこう着状態、

将軍1

『戦意の高揚は必要だが何故そのシンボルが義勇軍である必要がある』

ウェルキン率いる第七小隊や義勇軍の活躍が気に食わないダモン将軍、

英雄の息子という判り易い構図は兵士の受けが良さそうです。

素人の英雄にはとっとと退場してもらうのが一番でしょうと副官が次の作戦を指し示すと、

次の作戦
将軍2

『ふむ、ファウゼンか奴らの死に場所に相応しいじゃないか』

酷すぎる上層部です、先週ファルディオが不満を漏らすのはよく判りますね、

優秀な敵に無能すぎて敵より性質が悪い味方の上層部か、



義勇軍は第五小隊を正面戦力として展開し第七、第一で潜入工作で奪回作戦を行うみたいですが、

前進

『第五小隊進軍開始!』

しかし直ぐ様、長距離砲撃が!

なんであたいが

『なんであたいがこんな作戦に』

ロージーはダルクス人のイサラがまだ気に入らないみたいです、何で彼女参加させたんでしょうか、

ウェルキンはウェルキンで先週のファルディオと微妙に確執が、

誰かが

『いずれにせよ誰かがやらないといけない任務だよ』


エーゼル1
エーゼル2

超長距離砲撃を行っていたのはグレゴール将軍の装甲列車エーゼル!!

うは~~かっちょえ~~

腐ってやがる

『確かに上層部の奴らは腐っていやがる!』

一方的に

長射程で一方的に攻撃を行うことで義勇軍は前進すらままならず、

『仲間の犠牲に報いるために何としても俺達は町へ潜入するんだ』



下らん作戦

『こんなもの子供でも指揮できる』

勝利するもグレゴールは面白くないようです、作戦らしい作戦は無くて一方的に攻撃してただけですもんね。

敗戦1
敗戦2

そして戦場には最初に出てきた第五小隊のメンバーの死体がTT


町への潜入は容易ではなくそこ等じゅうに帝国兵の歩哨が、

歓迎

『流石はラグナイト高山だライト無しでも問題無しか』

坑道内部の隠し扉から彼等と合流、

嫌悪

『歓迎するぜ義勇軍のご一行様、リーダーをやっているザカだ』

(ダルクス人!)

ロージーは凄く睨んでいて嫌悪感を露にしてますが周りが押さえようとするも、

嫌悪

『あたいは昔からこうやって生きてきたんだからな』
忘れるな

『だがこれだけは忘れるな、ここは俺たちの町だ』


町は占領されてから完全に変わってしまったと、

収容所

『ダルクス人の強制収容所だ』

流石にグレゴール将軍はダルクス人嫌いが徹底していますね、

ガリア公国だけでなく帝国からも強制労働させられているみたいです。


作戦1

作戦は3つ

目標1

装甲列車エーゼルの破壊

目標2

敵指令中枢の採掘基地への攻撃

目標3

ダルクス人強制収容所の解放

ってこれ聞いているとゲームのブリーフィング説明に聞こえてきますね

3つに分かれて同時に攻撃を開始!

最大目標は装甲列車の破壊ですが、

ラマール

『敵には最後までレジスタンスの暴動程度だと思ってる事が僕達もやり易いですからね』

ラマールの言葉でレジスタンス側は嫌そうにしますが列車を破壊できなければ本隊は前進しないから仕方ないですよね。

イサラ

『どんな事を並べた所で帝国のやっている事は決して許してはいけないことです、だから最後までやり遂げましょう』

この言葉にラマール君やその他のメンバーも意思を一つにしますがロージーだけは未だに



作戦開始が近づきそれぞれが行動を開始、

ザカはロージー達の部隊へ同行する事に、

人間らしい

『臭うぜあんたは誰よりも人間くさいぜ』

うむ、どういう意味でしょうか?

途中で迷子のダルクス人の少女を助けようとしてた事とか関係しているんですかね?



今週はファウゼン奪回作戦への準備話でした。

潜入からレジスタンス合流と各種作戦への説明などで終了、

今回の主役は差別ロージーでしたね、

彼女が何故この作戦に選ばれたのか、どうしてそこまでしてダルクス人を嫌っているのか、

まあ全ては続きを楽しみにするしかないですね。






スポンサーサイト

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

 
OP

『玲二~~~ごめん、タオル忘れちゃった』

今週より新ヒロインキャルが玲二との同棲生活を開始するラブラブアニメでは有りません!



力と暴力が蠢く闇の世界で生きる最強の暗殺者ファントムの物語だよ~~

アイザック

『500万ドルだ!!』

アイザックは犯人を殺しても構わないので必ず俺の前に連れて来いと、


キャルは玲二にバーガーを山ほど注文して満足げ、

情報を渡そうにも、

弱そう

『だって強そうじゃないし』

まあ、前シーズンに比べるとマシになりましたがそれでもホスト的な優男にしか見えませんよね、

知り合いに頼んで始末をつけるとキャルに提案しました、

見届ける

『私、見届けたい』

しかしキャルは何としてもジュディの仇を見届けたいと、

結局の所、玲二が根負けして知り合い(居ないが)に会わせると

外で別れるはずがキャルは帰る場所が無いといって、

泊めてね

『今晩泊めてくれない?』

結局玲二君は宿の面倒も見る事へ、


リズィはクロウに襲撃犯の調査を依頼中、

黒いクロウ

『一体誰が取引の邪魔を!
梧桐組みの存在はインフェルノで立場を固めるために必要不可欠、
こんな事で躓いていられない』


やはり組織内で自分の後ろ盾が欲しいクロウですが早くも死亡フラグっぽく見えてしまいます。



何も無い

『何か…寂しい部屋ね』

冷蔵庫に何も入ってない程に生活観ゼロなんですけどw

シャワー

『あのさ……シャワー借りていい』

暗殺者の友人の代役はリズィが受ける事で情報を引き出そうと、

でも女を連れ込んだと言う事で、ちょっと玲二君をからかい過ぎた結果。

切れた

『あ、切られちゃった』

しかもその後リズィはアイザックに捕まっちゃいました。


キャルは最低最悪の親から逃げてジュディに拾われて助けてもらった恩人だと、

どうすれば

『何処に行けばいいの、何をすればいい、何にもわかんないよ』

同じ

『俺も……分からなかった』

確かにアインを失った時と同じような喪失感だと玲二も思ったんでしょうね。

死に方も様々であり寂しい死に方もあればジュディを想うキャルが居るだけで彼女はまだ幸せだと


その後アイザックがリズィを人質に玲二の部屋へ、

女は?

『小娘と喋らせろ……洗いざらい吐かせる』

どけ

『撃った奴を見たなんてのは彼女の嘘だ』

突発的にキャルを庇ってしまった玲二は最後までそれを突き通しました。

銃を

なおも押入ろうとするアイザックに対して銃を抜いてしまいました、

『明日10時だ、本部へきなマグワイアの前で洗いざらい喋ってもらう』

お互い一歩も引けない状況ですがアイザックが妥協する事でその場を収める事に成功、

知らない
だろ

『何も知らない………だろキャル』

やっぱり全てを見抜いていたみたいですね。

確かに現場にキャルは居ましたが何が起こったのか分からなかったとの事、

どうして?

『どうして私の事を庇ってくれたの?』

そして彼等は玲二をファントムだと言っている事に気づき、

『アメリカ中のギャングを殺しまわっている……殺し屋ファントム』

ここで彼女は大きな勘違いを!

ファントムの一般的な情報は大物ギャングを暗殺しているダークヒーロー的な所が報道されているので玲二は良い人だと思っちゃったみたいです。

そして彼女は持っていたバックから………

依頼

『お願い、これで全部殺して……ジュディを殺した奴を全部』

大量の金が!

ヤクザの500万ドルをその場から持ち出したのはキャルだと!

しかも要求の中には取引の売人や関わった人間すべてを殺して欲しいと

それは受け取りに行くはずだったクロウと玲二も含まれているみたいですね

嘘

『嘘ついてごめんね』

『……お互い様』

状況は玲二にとって悪い方へ悪い方へ流れています、

手元に

『襲撃犯は見つからない、500万ドルだけが転がってきた』

金が見つかれば言い訳不可能

組織とキャルの両方を納得させるには?



翌日本部にて、

すれ違い

『どういう事なの玲二』

『何もかも皆の前で話す』

この時点でクロウから距離を取り始めた感じがします。

何を言ったとしても組織が納得できない事を玲二も良く知っていたので一世一代の大嘘を

助手に

『人を殺すほどの強烈な動機、地獄のような孤独、居場所の無い亡霊』

不満かね

『つまりその少女をヒットマンとして訓練したいと?』

組織の幹部達は彼の行動を疑問に持ち何故そんな才能が有ると判るんだと聞くと、

感です

『俺の感です』

加えて頭に血が上って冷静な判断が出来ないアイザックを批判してます、

リズィも玲二の思惑に気づき彼のアドリブに付き合うことに、

その時は

『結果を出せなければ……判っているな』


判ってるよ

『すまない』

『その娘を庇う方便なんだろ、でもあれだけ売り込んだ以上あんたは責任を取らせられるぞ』

今回は何とか乗り切る事が出来ましたがこの嘘は高くつきそうです。

八方ふさがり

『襲撃犯、500万ドル、ジュディの復讐………どうする』

八方ふさがり状態の玲二君は一体どうするのか楽しみですね、



さあ意外な展開の連続で玲二は次第に追い詰められていってますね、

特に500万ドルの存在が怪しすぎる~~

下手な行動は即死に繋がるので大変ですね。

次回以降キャルを相棒として育てなければいけない事になってお互い大変だわ。




テーマ : Phantom(ファントム) - ジャンル : アニメ・コミック

 
今週の主役はもちろん悩める騎士アストリアス、赤くてエリートな彼は……

落ち着いたか?

立派な○○と言うオチでした。


先週動き出したアルド・ナリスが女の嫉妬によりモンゴールに捕まった所より開始、

独房で鞭打ちの刑へですが色っぽく書きすぎです、

エロ

『あふぅん』

『時間はたっぷりとある、たっぷりとな』

どんなハードプレイだw

どうやらモンゴールは第一話でレムス、リンダを飛ばした転送装置を使い、

何時でも何処でも好きな場所へ軍を送れる、と言う事でそれを狙ってクリスタルへ攻め込んできたみたいですね、

そして運が良いと言うか都合が良いのか白騎士団にナリスは保護されちゃいました。

(モンゴール白騎士団と黒騎士団は反目か……いずれ使えるかもな)

流石にタフです謀略を組み立てているみたいですね、



嫁

アムネリスは軍を率いてクリスタルへ出発、婚礼を挙げる為なのか国民は祝福していますね、

見目麗しい人物だから当然か、

しかし………

何故

『私の私だけのアムネリス様が』

今回の最大の山場だよ、彼の人物像が濃すぎて他が霞んでしまうという事態にヾ(--;)

パンチ

壁に八つ当たりで拳を……

痛い

痛めてるよw

『痛い』

お前のほうが痛いですがな(;´д`)ノ

汚される

『このままでは私の女神が無理矢理他の男の物になってしまう、汚されてしまう!!』

髪

叫んだと思ったら落ち着いたかと思いきや首に下げていたペンダントの中には数話前に手に入れたアムネリスの髪の毛がΣ( ̄△ ̄;)

臭い

『ああ~~アムネリス様』

臭いをかいで悶えております、

『パロへ行こう』

なんだ!そのJRのCMみたいなセリフは!!

パロへ

『私が救うのだ私だけの女神を』

痛い痛い痛すぎます!アストリアス君。



ナリスを助ける為に先週のベック公に続いてスカールも救援へ(>▽<)b

婚約者?リー・ファの離れるのは嫌そうですが、

草原で

『俺と居れば何処でもそこは風の吹き渡る草原さ』

セリフや風貌が上と変態と比べてしまいすぎてカッコよく見えすぎる。


グイン一行はロスの町へ行くためにケス河を下る様です。

存在感が

存在感が薄い事に今更ながら危機感を覚えたレムス君、

グインやイシュトヴァーンにスニが懐いているのに一人で寂しさを感じてしまうが、

骸骨

一瞬謎の怪人を幻で目撃していますが、

あれは前の戦いで崖から落ちて死んだ魔導師かな?

変だろ

『僕とリンダは光と闇……リンダが光なら僕は……』




保護されたナリスは仮面舞踏会でアムネリスと合わせたいと、

まあアムネリスの婿にしてパロの批判の矛先をかわそうとしている事はナリスにバレバレでしたが、

悪そう

『モンゴールめ』

彼は何を策謀しているのやら。



立派な

『アムネリス様を攫って逃げる事』

ダメだこいつ……早く何とかしないと、

しかも嫌がっていてもそれは父を恐れていての事だと決め付けてるよ。

更に更に本人は自分とは相思相愛だと決め付けてやがるΣ(・口・)

出会い

ここで先週の新キャラの吟遊詩人マリウスさんが彼に接触、

パロの情報を得るために彼を宿の部屋に招き入れますが薬で眠らされてしまいました

真の名は

『ナリスの弟、アルディーンそれがかつての私の名前ですよ』

なんとも彼はナリスの腹違いの弟で放浪中の人物みたいです、

しかし何故アムネリスを眠らせたんでしょうか




クリスタルで開かれる仮面舞踏会,

しかしモンゴールの人たちは軍人が多いですね~~

変な格好

貴族の中でもナリスは大人気なんですけど格好が微妙っぽいのは神々の姿を模ったようです。

アムネリス

古い戦女神的な衣装で登場の姫様、

全くやる気の無いアムネリスはナリスを女の様だと毛嫌いしてますが、

兜を取ったナリスに、

ナリス

一目

(世の中に美しい……美しい男が)

一目惚れしてまんがな(*⌒∇⌒*)

恥かしくなって即座に退場しちゃいました、

仮面

『どうやら面白い手があるようだ』

一方のナリスは何か思いついたみたいですが、



レムスが一人落ち込んでいて心配されているんですが、心配ないと、

深夜に目を覚ましたレムスの前には………

謎?

???

そこでレムスは故郷パロが光に覆われ消滅する光景が?

変だろ
運命

(リンダには無いパロの王子、レムスだけの運命が………怪人よおまえはそれを僕に教えるために出てきてくれたんだろうか?)

ええええええ!!とてもそんな良い予言的な物には見えないんですけど、

悪人顔

『それなら僕はもう怖気たりしない』

前向きな意見だが顔つきは悪人なんですけどw( ̄Д ̄;)w

未来がヤバイ

『さあ見せてくれ夢の続きを!!』



あっちゃ~~~何かレムス君シャドウへの道を進んでいるみたいです、

多分先のことだと思いますけどあまり期待できるような未来像が想像できないんですが、

さてさて次回はグインは町に行くみたいなんですがあの顔で大丈夫なんでしょうか?

そして意外と乙女なアムネリスの恋は………原作知らなくても想像通りになりそうかな、

そして登場時は美形の赤い服を着たエリート騎士だった彼は立派な変態へ(;^_^A






テーマ : グイン・サーガ - ジャンル : アニメ・コミック

 
前回ノスフェラスでモンゴール軍を破ったグイン達は一時の休息を……


いきなり謎の新キャラ!(OPで出てたけね)

吟遊詩人か?歌っている場所が幻想的で美しい風景ですわ。

島

空中大陸っぽくて水が流れ雲で覆われて……○ピュタ風?

吟遊詩人

『豹頭の戦士グイン、おまえは光かそれとも闇か』



本国帰還のアムネリスは処分を保留させられました、代わりに大量のドレスが、

このドレスは

『父上これは一体何の酔狂ですか!』

結婚せよ

『クリスタルへ赴き婚礼を挙げよ』

この命令に対して一番反応したのはもちろん

何てこった

『そ、そんな~~~』

アニメ化で変態と言われてきたアストリアスでしたw

命令と言われては従う事にしたアムネリス、

了解

『かしこまりました』

しかし部屋に戻ると不満を大爆発

似合わん

『全くばかばかしい、この私が婚礼だと!』

弟

弟のミアイル君登場しかしこの世界の王族の弟はこんなのばかりか?レムスもこんな感じだし

代わりに姉はしっかり者なんですけどね。

見た目も性格もオドオドしていますね。

面倒

『ドレスを着て舞踏会などと』

彼女の頭をよぎるのはグインの挑発的な言葉が



グインはセム族とラゴン族にそれぞれから引き止められていますが、

決意

『おれ自身とその定めを探しに行かねばならんのだ』

旅立つ事を決意してますね、

そんなこと

『グインこそがヤヌスその人の写し身のようで泣きたくなるわ』

『グインの事ばかりありがたりやがって、俺の事はどうでもいいってわけだ』

リンダがグインばかり気にかけてイシュさんふてくされてますねw


『そんな事ないわ』

ここで何時もの口説きを始めちゃいました

なんぱ

『リンダお前は美しいよ』

しかもリンダ自身が満更ではないのには見て言うほうは面白いんですけど、


王へ

『俺をクリスタル候にしてもらおうか』

そして何時もの通り王にして欲しいと、

しかし現在の王は強く聡明で美しく人気者でイシュには逆立ちしても勝てないと

その人物の名は、

その名は

『クリスタル候、アルドナリス』


変装

一方そのナリス様ですがクリスタルへ入る為に女装してましたw

しかし引き止められた為、ルナンの娘のリギアが代わりにモンゴールの騎士たちを引き止めると、

取り戻す

『私は誓うぞ、モンゴールの黒い手から必ずやクリスタルを我が手に取り戻すと』


無事ね

レムス、リンダを占いで無事を確かめたのは最初に脱出先の国で二人の叔母にあたるエマ王妃らしいです、

そしてアルドナリスが少数でクリスタルへ入ったと知らせが

助けに

それを聞いてベック公がナリスの救援へ向かうとエマは止めようとしますがスカールは、

戦うべし

『男は戦うものさ、戦わぬ男はクズだ!』



そしてこちらも男同士の決闘

決闘

ラゴンを率いて欲しい勇者ドードーは引きとめようと、

負ければ王になるって面白い決闘だよね、

結局グインが勝利を、

決着

『セムよラゴンよ俺は行かねばならん!』

『ここ捨てるのではない俺は必ずノスフェラスへ戻ってくる』

必ず戻ってくる

『砂漠の兄弟たちよ』

セム族

『ノスフェラスの王グインよ我らは王の帰りをお待ちしております』

ラゴン族

『ラゴンはグインが帰ってこぬと承知せんぞ!』

『帰ってこよう必ず』

って言っていますが原作では戻ったのでしょうかね?


ナリスの居場所がモンゴールに伝ったためサラの父親が出てこなければ処刑されると!

自分のみは

『私の身は私が自分で守る』

行かせません

『ナリス様は私の物です!!』

ナイフを向けますけど取りげられ泣かせちゃいました。

泣かせましたな

『また、女難の相ですな』

包囲

裏から脱出しようとしますが既に黒騎士に囲まれていました

女の嫉妬

『ナリス様がいけないのです、私が守って差し上げるって言ったのに』

全てはサラが仕組んだ事みたいです(;゚Д゚)!?

父親を殺してもナリスが欲しかったんですかね、ほんと女難ですよナリス様。



話が2通りで進行中、

ナリスはクリスタルへ入る事に成功するもサラの裏切りで捉えられてしまうし、

グインはノスフェラスから旅立ちリンダ、レムスを送り届けようと、

今回は休息的な話でしたが徐々に動き出してまいりました

アムネリスも嫌々ですがクリスタルへ婚礼を上げに行かなければならないしどうなる事やら。



テーマ : グイン・サーガ - ジャンル : アニメ・コミック

 
先週誘拐されてしまいましたコーデリア姫とついでに!アリシアも一緒に連れて行かれてしまいました、

今回は王道通りの展開なので見ている方はだらけてしまったのが残念かな、

話的にも進みませんでしたし、ただし人間関係や成長は進行。


OP

『派閥争いに執着する軍部、存在感の無い統治者、好き勝手をする大臣達、泥舟も同然じゃないか!』

ファルディオ(声・櫻井)さんのセリフが一番の印象でした。


前回出てきた運転手はやはりカール君(9話の主人公)だったようですね、

どうやらカール君が怪しい荷馬車の監視をしてて姫とおまけ(アリシア)の誘拐を目撃・・・(-_-)


ウェルキン、ファルディオ合流しましたがアリシアが居ない事でファルディオは大いに焦りました、

焦り

『貴様ら!アリシアに何かしたのか!!』

なんというタイミングの悪さと焦りでしょうか!

普段の彼からは想像出来ないほど動揺しているみたいですね。


陰謀1

『ガリアを連邦に売り渡してでも権力を欲しい者が居るのさ』

陰謀2

連邦がガリアを保護と言う属国になって最高指導者に宰相のボルグが取ると(;^_^A

羽ブタ

羽ブタの鼻で追おうとしたのか?まあ臭いを追えないみたいでしたけどねw

帝国側はこれ以上関わる事はないと退散しようとしますが、

協力要請

『僕らは協力しあえると思います』

予想外の提案に敵味方共に大驚きですね、当たり前なんですがw

メリット

『今協力すれば僕らはアリシアとコーデリア姫を取り戻すことが出来る』

帝国側からすれば連邦に介入されるのは戦力的にも不味いので一時的に協力し合おうと、

相利共生∑d(≧▽≦*)王道的なライバル共演♪

お互いに利益があるからこそ出来る提案ですね。

無論ファルディオは帝国は敵だから信用できないと反対しますがウェルキンの説得に折れました。


国境への街道は2つでそれぞれ別れて追跡をする事にセルベリアは不満そうですけど、

セルベリア不満

『私には将軍がわざわざ事態を混迷させたようにしか見えません』

楽しみだ

『俺達が戦うに値する相手なのかどうか、そうでないのか』

イェーガー将軍はウェルキンの実力等を試してみたいそうです。



誘拐されて邪魔なアリシアは連邦側の国境の町で消される事に( ̄□ ̄;)!!

さらわれた二人ですがアリシアは希望を持っていますが、

諦め

『わたくしはどうなっても良いのです……貴女だけでもお逃げなさい』

はあ?

ネガティブ発言全開のお姫様に唖然としてます。




追いついたファルディオ組はアリシアとコーデリア姫を発見、

エーデルワイス

何故かすっごく速い速度で移動してエーデルワイス号は先回りしてますけど(;^_^A

いくら何処でも走破出来る戦車だからといって異常すぎですね。

追いついたエーデルワイス号に飛び移ろうとしますが、

行きなさい

『一人でお逃げなさい、わたくしが居なくなった所で何も変わりません』

何も出来ない事を悔い無気力な姫に対してアリシアが喝を入れました(≧ω≦)b

『いい加減にしなさい』

喝を

『何もやっても変わらないと思ってるみたいだけど、本気で何かした事あるの!』

ウェルキンを信じて行ってと言いますが完全に彼に信頼を置いていますね、

唖然

その言葉を聞いてファルディオも何か思う所が出来たみたいです。



こちらへ

『さあ飛ぶんだ』

フラグじゃね?

姫はエーデルワイス号に飛び移る事が出来ました、

ファルディオは車を奪取してアリシアも無事に助かりました。



一方帝国組はもう一つの国境へ到着しそこに居た工作員へ、

ちがうんだよ

『俺達が連れてきたのはお姫様じゃなくて』

魔女さ

『魔女さ』

全てが終わり彼はウェルキンへ、

今はおめでとう

『今は仲間として言わせて貰うよお疲れさん』

一時の共同でしたがイェーガーさん良い人だよほんと♪(* ̄∇ ̄)/


一夜明けて城に戻ったコーデリア姫、

ウェルキンの提案で今回の誘拐未遂は公表しないと、

それに対しボルグは一安心ですが、

不満

『それは今までと何も変わらず変えずということですか?』

決意

『わたくしにはまだまだ多くの人々の助けが必要なのです』

ここで初めて何とかしようとする姫様が良かったです。


真相を知ってしまったエレットは何も公表しないと言いますが、

気をつけて

『気を付けて、強すぎるジョーカーを引いちゃったような物なのよ』

と一言、注意を確かに宮廷争いに巻き込まれそうです。



疑問

アリシアよりもコーデリア姫を優先した事にファルディオは二人の間に硬い信頼関係がある事を確信しちゃいましたね、

傲慢

『ウェルキンお前の言葉は時々酷く傲慢に響く』

好きだとしたら

『もしも俺がアリシアを好きだと言ったらどうする』

言葉交わさず

そして言葉を交わさずに立ち去るファルディオさん。


王道的な救出劇ですが最後のボルグに対する処罰が無いのは後に響きそうですね

原作ではここでボルグ退場(記憶曖昧ですが最後まで残ってたか?)しちゃうんですけど実際に退場されると国をまとめられないのでこれは仕方ない事なんですよね~~

そしてファルディオはウェルキンに対する嫉妬と国に対する不満が爆発寸前的な言葉を多く残しちゃいました、

彼が今後どういう行動を取るのか非常に楽しみですね。





テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

 
今回より新章開始!

インフェルノの名前を襲名した玲二はその才能を遺憾なく発揮、

オペラ

まるで駆け抜けるように要人を次々と殺害、その結果、

オペラ2

『インフェルノのファンムだ!』

って下っ端から呼ばれてるし、暗殺者なのにかなり裏世界では有名人になりすぎですな、

自分には衣装の所為かギャグっぽく見えてしまいましたよ

一年間だけで20人以上の大物が暗殺され『ファントム・アサシメント』とテレビで放映されるほど有名人に、


玲二の活躍で敵対組織を次々と骨抜きにしたインフェルノの幹部は結果に大満足らしいですね。

取ったな

『取ったな東海岸を』

クロウディアの下に玲二が付いているみたいですね、

でかいな

『俺はてっきりお前のバストに吸い付きたい一身で頑張ってるのかと思ってたぜ』

日本への麻薬ルートの新規開拓の為に500万ドルの取引を行うと、

しかし一連の勝手な動きにワイズメルは不快感を露にしてますね。

いいだろう

『円滑に交渉を進められると言うのなら、あえて別の人間を立てることも無いだろう』

マグワイアが間に入りましたがクロウ寄りの意見ですよね~ワイズメルは腹立たしそうです。


ただいまもどりました

『ただ今戻りました、ミズマッケネン』

玲二登場、時間が経っている所為か雰囲気が初期の青年風から成年へと一気に成長したみたいですね、

変わったな

『様に成ってきたじゃないかファントム』

そんな彼を茶化す?リズィさん。


クロウの邸宅で身体を重ねる二人

誘惑1
誘惑2

『あなたは自分の意思でここに居る』

クロウさんは完全に玲二を自分の身体で操っていると思っていいのかな?



しかし彼の住んでいる場所は人が住んでいるとは思えない最低限度の生活場所です。

なにもない

(まさか………意思なんか無い)

実の所ただ何も感じず流されるままに動いていただけのようで、

過去にエレン(アイン)の言葉通りに何も感じなくなってしまったみたいです

君の言うとおり

『君の言うとおりだったよ……エレン』

パンフレット

彼女の残したパンフレットが……



Bパート

Bパート

絵がエレンからキャルへ変わっております。



25キロのコカイン(500万ドル)の取引現場へ二人で向かうことに、

『ここわね昔っからブラディーズの縄張りなのよ』

ワイズメルの傘下の組織の縄張りでインフェルノにとっては安全な場所だと、

取引

『合図がこない妙だ』

異変を察知して一人偵察に出る玲二君ですが相手側は全員死亡、

いい腕だ

(襲撃者は単独、サイレンサー付きの銃と大型ナイフ)

クロウを帰し一人事後処理をしていると、

片付け
謎?

それを見つめる謎のシルエットは女?

そして襲撃に巻き込まれた一人の女性ですが手を交差させられています、

巻き込まれ

現場には目撃者が?



取引は失敗その上ワイズメルの縄張り内での出来事で彼の面目は丸潰れ、

梧桐組の人員4名が殺され500万ドル!が行方不明に、

プライド

『客人の金は早急に戻してやらねばならん、
奪った奴らの死体を添えてな、君の仕事だぞアイザック』


後始末がワイズメルへ行っちゃいましたね、クロウは軽く笑っていますから矢張り彼女が手引きを?

マグワイア曰くプライドの問題だそうです。

インフェルノの一員である以上自分達の目の前でそんな狼藉は許せないと、



巻き込まれた女性を玲二は気になるようで殺害現場へ花束を添えに来ましたがそこには、

二人の出会い

祈りを捧げる一人の少女が、

誰?

『あんたは誰なの』

少女に近づき情報を得ようとしますが何も知らないようで、立ち去ろうとしますが、

報いを

『ジュディを撃った奴に相応の報いを受けさせる』

そんな気は全く無いくせに上手い事ウソを付きますよね玲二君は、

少女は玲二を引き止めて連れて行って欲しいと願います、

自分は現場に居て全て見ていたと。

『名前は』

キャル

『キャル・ディフェンス』

玲二

『俺は…吾妻……玲二』

パートナー1

『あなたと私はパートナーよ』

パートナー2

『いいだろうこれから俺たちはパートナーだほんの暫くだろうがな』

パートナー3

新たなるパートナーキャル(沢城みゆき)を迎えた玲二ですが運命は悪い方向へと向かっていくみたいです、

嘘をついてキャルから情報を聞き出そうとする玲二とキャルの二人はどうなる事やら。




さてさて第二部が始まったわけなんですがOPが変わってない!!

せめてエレンが居なくなったんだからキャルのOPを出して欲しいのですけどまあ12話と言う話数は中途半端だから仕方ないか、

しかし今回の事件はクロウの手引きでしょうかね?

マグワイアを落とすための計略かどうか次回以降に判明しますが彼女は玲二を甘く見すぎですね、

彼の本質を理解してくれる人物はやはりエレンしか居ないのでしょうか?






テーマ : Phantom(ファントム) - ジャンル : アニメ・コミック

 


『二期の後からどんどん汚れて……特にラジオから』

OPは何故か雨女認定されている新谷イジリから始まっています、


神谷浩史・アニラジ界の暴走特急!ベストパーソナリティー賞受賞した為、何言っても面白いことが当たり前に、

新谷良子・雨女認定されてる自称庶民派声優、神谷の暴走を止める為に生贄に捧げられていい感じに汚れキャラに、世界征服を企むTDLのスパイ。




「アマタニ タニングスウィート!」

原作で汚れキャラにって言われていますけど先週号(28号)でも汚れキャラだし変になってきたよね。

「きつちりしなさい!」

マーチングモンスターをマシンモンスターと間違えて言われているらしい、虎の穴ではマシンモンスターとw

降水確率50%なら傘をって50%は微妙に普通ですよね。

「絶望した!○○に絶望した!」

Zっでパソコンのメモリーを増築した新谷さんw

ZはFの上位としてラジオ内で言われている行為ですが騙されてやったと、『馬鹿じゃないの!』と言われたとか。

「Z WEB」

新谷良子のライブ特集をTKHS風でお届けしてるんですが新谷弄りが多いメールですね、



今回は新谷火傷話が多かったですね、

先週は神谷さんだし、

化物語は原作を読んでいるのでシャフトさん頑張って欲しいですね、

ラジオもして欲しいんですがMCが神谷さんと斉藤さんだとカオスすぎるかな?







DJCD さよなら絶望放送(1)
DJCD さよなら絶望放送(2)
DJCD さよなら絶望放送 第3巻
DJCD さよなら絶望放送 第4巻
DJCD さよなら絶望放送 第5巻
DJCD さよなら絶望放送 SZBH-SP1
DJCD さよなら絶望放送 SZBH-SP2
DJCD さよなら絶望放送 第六巻

テーマ : さよなら絶望先生 - ジャンル : アニメ・コミック

 
画像クリックで1024 x 768へ拡大表示されます。

まあ並べた

塗装レシピ
ホワイト・ガンダムカラーホワイト5
緑・デイロナグリーン50%ホワイト30%ブラック20%
濃い黒・ネービ-ブルー
赤・RML23レッド ホワイト少々、イエロー少々
黄色・イエロー、ホワイト少々
ライフル武器・ガンダムカラーグレー24
各種透明ーパーツはそれぞれの青、赤、緑のクリアー

最後に表面につや消しクリアー182を90%、クリアー光沢10%





完成したんで並べました~左からケルディム、アリオス、ロボット魂の紅蓮です~、

意外とアリオスが高いです。

でもね一部パーツがまたもミスって取り寄せないといけないんですよねorz

足の後ハメ1
足の後ハメ2

ここは後でハメないと塗装が出来ないんですよね、

棒に使ったのは3ミリのプラ棒でございます。

塗装1塗装2
塗装3塗装完了


シールドビットの黒い部分は細すぎて筆塗装不可能なんですよね!

その為にマスキングテープで巻きまくりました、

実はこのテープ作業は3時間くらいかかりましたよ、

スジ彫り1
スジ彫り2

スジ彫りの追加ですが胸の部分と腰のスカートに線を付けただけです。

まあ簡単に今回は作ったのでアリオスより一週間早く完成しましたね、

でもまたも一部パーツを破損して完全完成までが遠くw

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

 
OP

公国の英雄ウェルキン


今回初登場のガリア公国のお姫様コーデリアさん、

なんと声が能登麻美子!!ラジオバレルで簡単王子、変態王子の柿原氏にナース服を強要されている印象しかw

あとはかごめかごめの恐怖の歌を歌った事が(w_-;

彼女を補佐するのは宰相のボルグですが会話からすると、

『我々貴族と権利を守る事が最優先とされる事ですから』

完全な貴族主義の保守派ですね、

飾り

しかもコーデリアの様子だと完全にお飾り状態です。



ネクタイ1

勲章の授与に向かうウェルキン達ですが不器用なウェルキンはネクタイを締める事を一人で出来ませんでした( ̄◇ ̄)

代わりにアリシアが結ぶと言う………いい嫁になるんじゃね?

ネクタイ2

『ほんとに人に出来る事ができなくて出来ない事が出来るんだから』

ネクタイ3

『ウェルキンのネクタイを締めるのは前は俺の仕事だったんだがね』

どんな嫁ですかファルディオさん∑d(≧▽≦*)

ラマール、イサラを含めた5人が式典に出るみたいですがラマールはイサラが気になるみたいですね

ラマール

『おいおい、イサラに見とれてたな』

必死に否定するラマール可愛いよ!最初に登場した時からいい方向へ変っていきましたね♪

イサラ
ハンス
『ブヒィ』

しかし何故羽ブタのハンスが?しかも正装してるしゞ( ̄∇ ̄;)


取材

記者のイレーヌさんも取材でやってきてますが連邦の大使に軽くあしらわれて不機嫌ですが、

ウェルキン達に取材を何か起こりそうだと記者の勘を伝えていました。



セルベリアとイェーガーが晩餐会に何故か出席、

夫婦

前に座っている運転手はカール君かな?

夫婦として出席する事に不満げですね。

奥様

『では参りますかな奥様』

しかし会場でアリシアと目が合ったセルベリア、

アリシアはウェルキン達にそれを伝えましたが、

目的が不明な上に場所や時期なだけにどうする事も出来ないみたいです

確かに英雄と言われてもただの義勇兵ですからね、


演説

『この度、連邦と宴席を共に出来ます事を私の喜びに堪えない事であります、短い時間ではありますがこの一時を皆さんに楽しんで頂きたいと思います』

しかし感情の無い声で演説していますが飾りらしさが出ていますね、

連邦大使の演説に対してイェーガは、

つまらん

『恥ずかしくないのかね大使ともあろう方があんなスピーチで』

凄い辛口ですね~

まあ綺麗事ばかりでしたからね、しかも内容が無いっぽいし。

ウェルキン達の受賞で彼等がグレゴールが目の敵にしている部隊だと知りましたね、

そしてボルグ宰相もウェルキンの父の偉業を称えて持ち上げまくりです、政治だなと感じる場面┌┤´д`├┘

多くの人たちに囲まれているウェルキンとファルディオを見てアリシアは引け目を感じていますね。

人気者

『ウェルキンもファルディオもちゃんとした家の人なんだよね』

受け答えは出来ても二人とも苦手みたいですね直ぐに二人は逃げてしまいました。

前回の山小屋での一夜を問いただしますが何も無かったと、手はアリシアから(肩も寄せながら)握ってきたよね(〃 ̄ω ̄〃)

優柔不断

『あのなウェルキンいい加減にしろよ!』

彼の態度に凄く不満があるみたいです。

アリシアがウェルキンに好意を寄せているのを知っているが自分も引かれているのには結構複雑な心境ですよね。

忠告

一方イェーガーはアリシアに早めに帰れと忠告を、

それをウェルキン達に伝えるとウェルキンはイサラ達と合流を C= ┌(;・ω・)┘

プレゼント

二人っきりになったファルディオはさり気無くアプローチをかけてプレゼントを渡しますが、

まあ恥ずかしくなってアリシア逃げたんですけどね。


そいして寝室へ休みに入ったコーデリア姫ですが、

誘拐1

『疲れた』

誘拐2

謎の影が!

そして迷ったアリシアは姫の誘拐現場を目撃!

誘拐3

しかも誘拐を指揮したのは宰相のボルグでした∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

仕方なくって事でアリシアも一緒に誘拐されてしまいました。



今回は初めて公国の指導者達が出てきましたがコーデリア姫はヴァルキュリア人の末裔だからかセルベリアに似ていますね、

そして宰相のボルグは野心家なのか完全に国を操っていますが何故誘拐を?

まあ原作で理由知っているんですけどねw




テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

 
OP

『頂点に立てその名をとどろかせるのだ、闇の世界で恐怖と共にファントム』



今回は総集編で余り語ることが、

2クールアニメで総集編を入れてくるのは勘弁して欲しかったですね、

どうせならクロウディアの過去話で良かったんですけど、

彼女は過去にアイザックの組織と対立して壊滅させられたみたいですね、

その時にリズィは刑務所に入っていた為に助ける事が出来ずに弟のロメオも殺害されてしまったみたいです、

それで今でもリズィはクロウに負い目を感じているみたいですね。


不信

現在クロウは後ろ盾が無いので自由に仕切っているのには目を瞑るとマグワイヤさん。


始末

『もしクロウディアが増長し同じ愚を犯すのであれば、排除するだけの事だ』

墓前で

『これはほんの始まりそうよねロメオ』

そしてクロウは弟の墓前で何かを誓う?

彼女の目的は何なんでしょうかね。

密談
密談2

インフェルノから追放されあサイスさんは志賀(ほっしぃ~)と会談をしています、




倉庫で行われる一歩的な殺戮!

殺戮

これは試験なんでしょうかね、しかし数が多いです。

そして入ってきたのは魔術師風のマグワイヤ達

襲名1

『襲名を認めよう』

襲名2

『今、この瞬間からお前はファントムだ!』

このあたりはノワール風を感じる儀式めいた物ですね。



うーむ総集編でしたね~

特に感想は無いですが原作では無かったファントムの襲名式?やクロウの過去や今後の行動など気になる点がチラホラ、

オペラ

来週はやっとオペラの奴と新ヒロインキャル(沢城みゆき)が登場!

期待したいが、今週を見るとねorz



テーマ : Phantom(ファントム) - ジャンル : アニメ・コミック

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。