FC2ブログ
大人気?小説の映像化です、少し不条理系の作風が入っていて注意が必要です。

キャスト表で神谷さんと斎藤さんの血の繋がらない兄弟コンビが好きですが最近絡みが無いんですよね~

化物語ラジオ二人でしてくれないかな~~?(危険放送過ぎるかw





西尾維新氏の初アニメ化作品でしょうか?

管理人は原作購読済みです、しかし原作1.2巻は定価1600円で激高いです、3巻以降は1300円に抑えられていますが少し高く感じますね。




OP

『私みたいなキャラの事をツンデレって言うんでしょ?』

『お前みたいなキャラはツンドラって感じだ』

この自転車のシーンは綺麗で雰囲気が今の二人に合っているので好きなんですよね♪

パンチラ1
パンチラ2


OPからまあ羽川翼のパンチラから始まると言う謎、

どうやら最初のパンチラから主人公の暦が遭遇した過去の吸血鬼事件をダイジェストな感じでしたね、


ヒロインの戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)が落ちてきた所を阿良々木暦(神谷浩史)が受け止めるシーンから、

落ちてきた

『戦場ヶ原には体重と呼べるものが全くと言っていいほど無かったのだ』

ラジオで聞いてるけど優しい声も神谷氏には似合うね~~♪

夏目友人帳の主演風の声です、

同級生の羽川翼と文化祭についての打ち合わせで委員長と副委員長の関係の二人です、

放課後

『お前は何でも知ってるな』

『何でもじゃないわよ、知ってる事だけ』

同じ中学だった戦場ヶ原は陸上部のスターで人当たりがよくて美人で金持ちでって完璧超人だったようですが、

今の方が

『今の方が昔よりずっと綺麗なんだよね………存在がとても儚げでね』

そして思い立ったのか急に暦は帰ろうと教室を後にしますが、

何を話した

『羽川さんと何を話していたの?』

廊下に出た瞬間に戦場ヶ原は右手のカッターナイフを口に突っ込み!

左が寂しいだろうと今度はホッチキスを頬に挟み込みましたよこの女Σ( ̄ロ ̄lll)

彼女は過去に蟹に出会って体重を根こそぎ奪われ現在は5キロしか無いとの事、

秘密を打ち明けたのは自分に関わるなと忠告を

暦は同意するんですが……

凶器

『そう……ありがと!』

カッターを外した後にホッチキスを頬の内側で閉めちゃいました(。>0<。)

よく耐えたわね

『悲鳴を上げないのね立派だわ……それじゃあ阿良々木君、明日から私の事無視してね、よろしくチャン』

悪魔め

『悪魔みたいな女だ』

痛そうですが無理矢理引き抜いていますw

暦はこの位の傷なら大丈夫だと?

すぐさま彼女を追った暦ですが、追いつくと同時に、

戦争

『いいわ阿良々木君、戦争をしましょう』

って即座に完全武装な上に両手一杯に文房具持ちすぎですw

すぐさま戦う意思が無い事をアピールして口の中を見せると、

先ほどの傷が消えている暦は今は何とか戦場ヶ原の説得に成功したみたいですね。




暦は過去に吸血鬼になり不老不死だったのですが”忍野メメ”と言う30台親父に助けられ普通の人間に戻れたようです。

戦場ヶ原とも共感する部分があるみたいで手助けをしたいって事みたいですが、

彼女、普通じゃ無いですw

自転車の後ろに居る時にお尻が痛いと、言い逃れをすると切り落とすと……何処を( ̄□||||!!


凶器はなし

『恩人に危険人物を合わせる訳にはいかないから、文房具は僕が預かる』

騙した

『貴方!私を嵌めたわね』

一杯出てくる

結局承諾したけどまた文房具の数が多すぎです

この積み上げられた文房具のシーンは不条理系ですよね。

廃墟の建物に入る前に、

考えなおせ

『私の肉体は案外、法を犯しても手に入れる価値は無いわよ』

『何かお前、全般的に被害妄想が強すぎるんじゃないか?』

悪いわよ

『いやだわ、本当の事でも言って良いことと悪いことがあるでしょ』

知ってるのか

『自覚している!』

うは!、ずれ過ぎのヒロインですね~~


忍野メメが登場、声が櫻井孝宏さんだ!

キャスト表で驚いていましたけど実際に聞いていると(≧ω≦)b

謎の少女

部屋の隅で体育座りしているのは吸血鬼の成れの果てで残りカスだそうな、

助かるのは自分

『君が勝手に一人で助かるだけだよ、お譲ちゃん』

彼女はこれまで5人の詐欺師に引っ掛かり彼には警戒心丸出しです、

体重を取った蟹はおもし蟹、

九州地方の神の一つだそうです、

気に食わない

『被害者面が気に食わねぇってつってんだよ、お譲ちゃん』

おもし蟹に出会う人間は自分から望まない限り出会うはずの無い存在だとな?

助かりたい

『助けてくれるんですか?』

まだ警戒しているみたいですが何かすがるように発した言葉ですね。



ふむ、7月より始まった新作アニメの本命、化物語、一話でしたが結構不条理系の表現が時々、

シャフト繋がりでネギまの二期を思い出しますね、

学校の階段のシーンとか落ちてきた所とか逆に普通の学校風よりこちらの方がよく表現されていると感じましたね、

ただ伝奇小説が原作ですから専門的な説明台詞が多いので受け入れる人と受け入れられない人に分かれそうです、

私も少し原作読み返してこの感想書いているくらいですからね、

今回は『ひたぎクラブ其ノ壹』ですが文章量とか考えると次でひたぎ編は終わるかも?

そうなると一巻目終わるのに6-7話ほどと考えると全13話前後の話に纏まりそうですね。

でも予告編では暦の妹二人も出ているので第二期があるのかな?



テーマ : 化物語 - ジャンル : アニメ・コミック

 
キャルとの共同生活が始まって謎の料理を出されて不安でした、しかも材料がハンバーガーの残り

料理1
料理2

『美味い!』

組織幹部にキャルをヒットマンとして育てる事を宣言した以上たとえ振りでも相棒にしないといけないと、

助手

『暫く俺の助手をやれ』

でもキャルはインフェルノの助手が出来ると大喜び(勘違いしたままのようです)

早くも任務が舞い込み一緒に連れて行って欲しいとねだりますが、

仕事

『仕事はつまらないんだ、楽しくないんだ』

と言って自宅待機をw


梧桐組は金と襲撃犯が見つかるまでロスに滞在する事に、

F40

『首謀者はアイザック・ワイズメルよ』

クロウは彼が仕組んだ罠だと予想、

梧桐組の後ろ盾を作らせない為に行ったとの事、しかし500万ドルを”たった500万”と言い切るとは恐ろしい組織です。

ワイズメルは必ず梧桐組を狙うと予想、玲二に護衛を命じました。


ホテルでは梧桐大輔に対して、

夜の……

『これもあんたの言う快適な滞在の一部ってか』

クロウは女としての武器を駆使してでも梧桐組を引き止めてました。

女って怖い

しかしますますクロウと玲二の関係は離れていく一方ですね。



リズィが玲二に接触しSIG SAUER(9m×19)を手渡してキャルへとb

キャルへの銃

『悪くなさそうだ試して見る、サンキュ』

リズィの忠告

頼んでも居ない銃を手渡しに来たのはついでで本命は組織のボスであるマグワイアがキャルの資質を確認したいと、

その為キャルへ銃の手ほどきを行う事に、

『今から銃の練習だ』

訓練場

そこはかつて玲二が目覚めエレンから全てを叩き込まれた最初の場所

慎重で良い手つきだと評価、でも物には簡単になりませんよね。

思い出

かつて彼が生活していた所でエレンの身体から取り出した弾丸を発見、

やっぱり未だに彼女の事を引きずってるみたいか?



玲二が戻った時に一人で訓練していた時に驚愕の光景?

才能

抜き撃ちが素晴らしいってことか?

視聴者には凄くわかりにくいです。



待機する事に飽きた梧桐組はカジノで羽目を外す事に、護衛として玲二も同行?

一人が別行動する事に対して玲二は、

毒

『日本人らしく団体行動してりゃあ良いものを』

玲二はキャルの才能の高さに驚いているみたいですが何とか早く自由にしてあげたいと

そして彼が目を離した隙に一人が女性に誘われてホテルの部屋へ戻ったと、

餌に食いついたと思った玲二はあとを追いますがすでに、

殺害
現場

そして彼が一瞬見た女の影は………

死んだはず

ぬぅ、やはり生きていたんでしょうか?

しかしエレンだとご婦人って感じに見るには若すぎますよね、



今回はキャルの才能の一部が判るようになったか、

そしてエレンらしき女の姿が、玲二の護衛は結果的に失敗ですがどうなる事やら、

梧桐の志賀(保志総一朗)はヘビ男のサイス・マスターと連絡を取り合っていますね、

サイスの目的は自分を蹴落としたクロウへの復讐でしょうか?

しかし状況が少々複雑になってきて難しい。

あと殺害現場の凶器を玲二君は素手で触った上にその場に放置したのは不味いですね。


テーマ : Phantom(ファントム) - ジャンル : アニメ・コミック

 
大分遅れて更新してます、


OP

『やれやれだぜ』

これってイシュトヴァーンの口癖なんでしょうかね?

よく聞くんですけど、


管理人は原作知りません。


港のロスの町へ到着のグイン一行、

流石にグイン達は目立ちすぎなので、

俺に

『海で育ち海で育った俺の経験が要る』

へ~~イシュトヴァーンは海育ちなんですね、(初情報か?前に船に乗ってたとは言ってたが)

彼は一人で金などを稼いでくるって言っていますがどうやって稼いだんでしょうね?

グインは自分の所為で行動しにくいならここで別れようと提案しますがリンダはもちろん反対しますが!

黒い

『そうだね、その方がいいのかも知れない』

レムス君が悪い方の意見を!うは~~先週からヤバイヤバイと思っていましたけどここまで悪化するとは、

修正

『今何て言ったの!』

ってリンダはレムスに一発お見舞いするんですが

反省の色は全くありませんねレムス君。

『俺はお前達の騎士となりアルゴスまで無事に届けよう』

グインは良いのですがレムスは不満が一杯のようで


逢引するナリスとアムネリスさん~~

氷の

『皆は私を氷の皇女と呼ぶ』

彼女のモンゴールでの呼び名ですが氷は炎の情熱で溶かす事ができると、

光の2

『私なら貴女をこう呼ぶでしょう光の皇女と』

光の3

金色の髪の色が美しく光のように輝いていると,

ナリスさんは上手い事押したり引いたりでアムネリスの女の部分を上手く刺激しておりますな、

その上パロの最高機密の転移装置をお見せしようと夜へ


アス
アス2

一方の変態もとい元エリート青年貴族騎士さんは根が正直で暗示に簡単に掛かるとw

ナリスの弟ディーンで吟遊詩人マリウスさんはアストリアスからレムス、リンダの情報を得ようと、

そこで初めてグインの姿を見て驚いてました、豹人ですからね~~

早くレナスに報告して早く二人を保護したいと、



一方深夜にアムネリスは単身ヤヌスの塔へ、戦装束で警戒してます。

逢引

『モンゴールでは婚礼の前の逢引にはその様な勇ましい姿でこられるのかな?光の皇女よ』

光の皇女

『その呼び名はよせ!嫌な気分になる』

ナリスはからかってるのか本気なのか判断が付かない状況で彼女を最高機密へ、

その転送装置こそがモンゴールが欲しい物らしいですが魔術師かパロ王家の人間にしか使えないとな?

拷問

『モンゴールお得意の拷問ですね面白い』

前回の意趣返しでしょうかね?アムネリスを転送装置の中へ、

敵国へでも海の底へでも好きな場所へ飛ばせると脅します。

涙を流してナリスに恐怖している事を認めるアムネリス、当たり前ですが出た時は怒り心頭の彼女ですが、

キス

『一人の女として海のように深い私の愛を受け入れなさい』

ここで飴とムチを使い分けているナリスさんは凄いです、

こうしなければ私に心を開いてくれなかたっとw

今まで姫将軍だった彼女を女として見てくれたナリスに彼女はもうメロメロじゃないでしょうかw


ロスの町でグイン達は3日間過ぎましたがアルゴス(グイン達の目的地)がモンゴールへ宣戦布告したために今晩中に出発しないといけないと、

アムネリス、ナリスの政略結婚の話がリンダ達に伝わりリンダは怒り、イシュは政略結婚だろと冷静ですが、

王に

『僕がアルゴスに着いたら直ぐに正当な王を名乗って即位するんだ』

レムス君ヤバす。

そして船ヘ乗船する前に面白い情報が、

最近毎晩の様に強盗が出没するようなんですけどこれって…………イシュトバーンじゃないっすか!!??

ともあれ無事に船に乗り込んだ一行は海へ出航いたしましたとさ、

海へ



なんだろ~~今回は政治的なナリスやアムネリス系の話が多くてあまり面白くは^^;

逆にイシュはどうやって路銀を稼いだのか気になりますがやっぱり強盗したんでしょうかね?

そしてレムスは黒くなる一方です、心配ですわ、



テーマ : グイン・サーガ - ジャンル : アニメ・コミック

 

| Home |


PREV PAGE«  BLOG TOP 

powered by