上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
分かれたことない

『私、男と判れたことが無いのよ、だから阿良々木君とも別れるつもりも無いのよ』




今回のするがモンキー収録

噛みました


『失礼噛みました』

毎回の様に二人で言葉遊びや喧嘩する八九寺と阿良々木君ですね、

加速少女


そこへ高速で接近する一人の人間、

奇遇だな

『よう、阿良々木先輩奇遇だな!』

新キャラクター、神原 駿河の登場ですね、

声を当てているのが沢城みゆきさんでファントムのキャルさんと同じで二つを見ているとちょっと違和感あるかも、

でも流石プロです感じがさっぱり違うので驚きですね。

神原の登場で八九寺はさっさと撤退、

奇遇じゃない

『こんな仕組まれた奇遇がありえるか!』

『こんな仕組まれた奇遇が有り得るか、か思いつきそうで思いつきそうに無い見事に状況に即した一言だったなあ…と、富意即妙とはこの事だ』

富意即妙(とういそくみょう)どんな意味だ(;゚Д゚)?

どうやら二人の会話を聞いていると阿良々木はだいぶ前から神原に付きまとわれているみたいですね~、

こんな偶然、と言うほどだから結構会っていると予想、

さすが

『流石阿良々木先輩だ私の様な若輩者がやる様な事は全てお見通しなのだな!』

何だろこのハイテンションキャラは、

時事ネタを引き出してロシアやインドの今後を話し合おうと、

今は阿良々木は戦場ヶ原に付きっ切りで勉強を教えてもらっているとの事、

ノイズ

『ふーん、ああ戦場ヶ原先輩か』

ここで凄いノイズが入っているのは神原の心境を表しているんですかね?







勉学中の二人の恋人、

阿良々木は唇、胸、尻とかが気になるようで(。・ω・)ノ゙

何で勉強を

『どうして僕は勉強をしているんだろう』

馬鹿だから

『え?馬鹿だからじゃないの?』

当たってはいるが毒舌過ぎる戦場ヶ原さんです。

彼女はこれまで勉強に困ったことが無いから何で判らないのかが判らないのだと!

これって勉強が出来る人の台詞ですよね。

これからの事を進路の事を阿良々木に尋ねる戦場ヶ原さん、

あまりに言動に親か!と反論すると、

恋人

『親、何を言っているの、恋人でしょ?』

撃沈

うは~完全なカウンターが決まりました、阿良々木君轟沈です。

同棲

『卒業したら同棲でもする?』

2人の時間を出来る限り作りたいと戦場ヶ原さん(* ̄▽ ̄)ノ~~

なんだか2人ともお互いの距離感と言うか関係を図りかねているからストレートに言ってしまうみたいですね。

神原の事を聞いてみると地雷みたいで、

嫉妬1

『神原?偉く親しげに呼ぶじゃない!あの娘がどうかのしたの?』

嫉妬2

『阿良々木君』

こえ~~~少し熱くなってしまったと、少しどころではないですよね、

そして如何してそんなに親しげになったのか白状させられる事に、

何する気だ

『上は洪水、下は大火事、なーんだ』

『そりゃお前風呂釜だろ?』

『ブッブー答えは神原駿河の家よ』

『お前!学校のスターの家に何をするつもりだ!』

本当に何をするつもりなんでしょうね?放火か!

それにしても戦場ヶ原の独占欲はすっごく強いですよね、

恐らく怖いと可愛いのギリギリの境界線上だと思うんですがこんな恋人だと苦労しそう。

過去に神原は戦場ヶ原の秘密を知っていたが拒絶をしたとの事、

もう彼女にとっては過去でしかなくもう関係ないと、



羽川に阿良々木は過去を聞くのでした、

2人はヴァルハラコンビとして名を馳せていたみたいですね。

難しいわよ

『戦場ヶ原さんは難しいよ』

いや今までの行動でわかりますけどね^^;

阿良々木は戦場ヶ原に失った物をできる限り取り戻して欲しいと言うのが本音のようですね、

襲われ

預かった10万円を忘れたことに気づいたときに何者かに襲われてしまいボコボコの血まみれに、

右手

包帯の取れた左腕、それは神原の物でしょうかね?

そして現れた戦場ヶ原は動ずる事もなく、

動じず

『よう、ご無沙汰』

『忘れ物、届けに来たんだけど』



って事で新章へ突入しましたね~

新キャラ神原さんも声も演技もキャラも面白くて楽しかったですね、

今回の話は全4話程なんでしょうかと予想しますが?

そして戦場ヶ原の独占欲にはニシシでしたね。







スポンサーサイト

テーマ : 化物語 - ジャンル : アニメ・コミック

 
OP

『貴方の笑顔も夜寝ている顔も幸せそうだった、それを見ているだけで私も幸せになれた』



18話にてアメリカら逃亡した二人のファントムは日本で普通に暮らしていましたね、

OP1
OP2
OP3
OP4
OP5
OPはいかにも普通の生活をする二人や美しくなったキャルなんですけど歌がダークで合っていない!がそこもいい

そして随所に入る量産型アインもこれからが楽しみです。


同級生の早苗に呼び出された玲二は屋上で藤枝美緒(声小清水亜美)が、

告白

『今、好きな人居ますか?』

告白宣言なんですが、

どうしたの

『兄さんどうしたのこんな所で』

と妹役の江漣(エレン)が狙ったようなタイミングで現れましたね、美緒さんは撤退W

何

『何かあったの?』

『告られた』

追って

『で、何て返事するの?』

返事を保留した為にすぐさま後を追って返事を返せと言われ後を追いました。

返事

『さっきの返事なんだけどいきなりだったから』

結局はぐらかして友達からの関係から初めて次の休みにデートなど(。・ω・)ノ゙

そしてデート当日に色々世話を焼くエレンさんは女房役が板についてます。

世話

『昨日教えてあげた事復唱して』

きざ

『君が好きだ!君を愛してる!お金じゃないんだ!』

ホスト?

『何処のホストよ』

確かに!

つーか第二部では完全なホスト風でしたけどね。

ほのぼのと進むデートなのですが最後に公園で二人を待ち受けていたのは、女性ライダー、

ライダー

一発の銃弾

夢からさめる

『サイレンサーで抑えられた9ミリパラベラム弾の発射音が俺を夢から呼び覚ました』

それは平和な夢は終わりを告げてしまいました。



懺悔

一方のエレンさんは神への信仰心が高まったみたいですね?

協会で

『私は告解がまだだから』

『誰に懺悔するんだ?』

『神様に直接、何時かは会えるはずだから』

告解とは罪の告白と言う意味で懺悔と同意語ですね。

そして藤枝の存在を利用してインフェルノから逃れると、

極道

『彼女の父親は新聞に載るほどの大物よ、梧桐海典、広域暴力団梧桐の組長よ』

って事は梧桐大輔の腹違いの妹が美緒になるみたいです、

彼女の存在は秘密であり裏の世界へ絶対に関わらせたくない組長の意向で表立って守ることも出来ず海典の最大の弱点らしいですね。

今の梧桐組はインフェルノの組織なのでいざとなれば彼女を使って取引の材料にすると、

何故?

『何故、黙っていた』

壊したくなかった

『事前に話しておくべきだった、美緒が貴方に好意を持つと判っていたら、こんなに早く追っ手が来ると判っていたら』

これは難しい判断ですね、

エレンからすれば玲二に普通の生活を送って欲しい為には仕方が無かったと思いますね。

貴方の幸せ

『今までの貴方の幸せが嘘であって欲しくない』

何も無いエレンにとっては玲二の幸せこそが彼女の幸せみたいですね、

でもエレンにも幸せになって欲しいが一体どうすればいいのか!

引き出しの中には銃がしまいこんでいます、

ほんの少しずれただけで日常から離れてしまいましたね

エレンは誰に対し何に対して懺悔しているんでしょうか?


警戒

普段と違い警戒中の玲二は後ろからの早苗のからかいをあしらって先に学校へ行くことに、

美緒は雰囲気の違いに気がついていたみたいですが、

その前で現れた女ライダーが取り出した懐中時計は、

キャル

『本当にお前なのか!生きていたのか!キャル!』

かつて玲二がプレゼントした物でした、




と言うわけで最終章の日本編が始まりました、

新OPは日常と非日常が重なった感じでよかったと思いましたね、

玲二、エレンの若夫婦風の生活とか意外と優しいキャルとか凄くよかったかな、

随所に流れる量産型アインには不安を感じてしまいますが、

そして大人っぽくなりすぎのキャルに普通の人みたいに変化したエレンさんなど見所たくさんだ。






どうでもいいが今更DVDで出すなよ!後でどうせBDBOX出すんでしょうね。しかも2話しか入ってない!全13巻?

テーマ : Phantom(ファントム) - ジャンル : アニメ・コミック

 
予想通りの総集編その2

全26話で2回も有るのは正直きついが画質などを維持するには仕方の無いことかな?

笑顔




ちょっと漫画版のお話をこれは第三部の日本編から入っていると言う珍しい作品です、

そして過去を振り返る形でキャルの話などが入ってきます。

食べ
食べ

結構エレンさんは食べてるシーンがw

裏

もちろんはこんな感じなんですけどね。




キャル主観のお話でしたね~

策謀

ほんの数分事件の裏やサイスの策謀とかあった程度でした、

レンタル

隠れ家爆破の時にキャルはビデオ店へいってて無事でした、

一人玲二を待つキャル、

待つ

『帰ってくるよね…約束だよね……』

雨に打たれて待つ姿は悲しいものが

サイス

『奴は嘘つきだずっと騙されていたんだよ君は』

やってきたのはサイスの野朗!

二人

一方キャルの生存を知らない玲二はエレンと共に旅立ち?

次回から

で次回から日本編へ(。・ω・)ノ゙そして新OPらしいが、

玲二君は設定上18歳ですかね?



どうでもいいが今更DVDで出すなよ!後でどうせBDBOX出すんでしょうね。しかも2話しか入ってない!全13巻?

テーマ : Phantom(ファントム) - ジャンル : アニメ・コミック

 
迷子の八九寺を家まで送ろうとするお話の最終回ですが何やら………

OP

『小学生女子を相手に我を忘れ強引なセクハラ行為を迫る男子高校生の姿がそこにはあった……が、それだけは僕ではないと信じたい』

いや!あんたですよ暦さんや!





今回のまよいマイマイ収録

本当に化物語シリーズは会話オンリーで成り立っていますね、

動きが殆ど無い静止画像と会話なので普通のアニメ作品より長く感じ出てしまいます。

今回も声優が全部で5人と言う少数精鋭アニメ番組だ!

八九寺の得意技、

失礼

『失礼噛みました』

が炸裂これからも結構出てきそうだな


両親の離婚で母と別れた彼女ですが時間と共に母の顔すら忘れてしまう事に恐怖を感じてなんとか会おうとしているみたいです。

母の存在

『このまま会えなければお母さんの事、好きじゃなくなっちゃうんじゃないかと、とても不安です』


他の女

『他の女の臭いがするわ』

ここで我らのヒロインひたぎ様登場、第一声から毒を吐きすぎです。

シャンプーの香りとかで羽川だと判るほど恐ろしい女ですね。

ここからこれまでの複線を一気に回収

あやまらないと

『私は貴方に謝らなければならないの阿良々木君』

ここで今までのひたぎの不審な行動が明らかに、

彼女は八九寺を避けているのではなく最初から見えなかったと!

そして蝸牛は付いてきた人間を迷わせる怪だと、最初から迷っていたのは八九寺では無く暦君だったと、


信号

『一人娘は母親の家には辿り着けませんでしたどうしてでしょう?信号は確かに青だったのに』

かつて母親に会いに行こうとした少女は辿り着けずに延々とさ迷っているとの事

『そうか蝸牛に行き会ったのは僕だったのか』

家に帰りたくない人間には見える存在で羽川の家も特殊なので彼女も見えていたみたいですね、

対処は簡単で八九寺から離れたら良いだけだと、

死人

『その子はもう死んでるの、その子は怪そのもの』

拒絶

『こいつは僕に対しても羽川に対してもとんでもない事をぬかしやがったんだ』

最初に拒絶の意思を示したのは誰も迷わせたくない八九寺の意思だったと、

暦は、

送る

『こいつを無事に母親の所へ届けるのが、僕の役目だ!』

理解

『ようやく実感出来たわ、阿良々木君の事』

ひたぎが二年間も悩んでいたことに気づき助けてくれたのは阿良々木だけだったと、

そして八九寺を家に届ける唯一の裏技を教えてもらえることに、

出発前に、

愛

『それから阿良々木君、I LOVE YOU』

意味は複雑だがこの場合『貴方の事が大好きです』でいいのかな?

おめでとう

『おめでとうございます』

そして家に無事に到着、

要は区画整理などで新しく出来た道なら蝸牛の八九寺は知らない道なので暦達を迷わすことが出来ないと!

でもこれだと時間が経てば蝸牛の怪は場所にもよるが帰れそうですね。


逆です。旧来の道を使ったら怪異の影響でたどり着けない。新しい道はまよいには分からないため、迷わす事ができない。


何も無い土地に到着しました、既に家は取り潰されて更地になってたんですね。

ただいま

『ただいま、帰りました』

それでも八九寺のゴールでした、

はっきりして

『ところで阿良々木君返事を聞いてないのだけれど』

だれにでも

『私はそこまで恩を感じていないわ、だって阿良々木君誰でも助けるんだもの』

実はひたぎさんの本質は凄い単純なんですよね、

運が無いわね

『愛情に飢えているちょっとでも優しくされたら誰にでも靡いちゃう、惚れっぽいメンヘル処女に不幸にも目と付けられてしまったと』

付き合う為に一つだけ条件をお互い意見が食い違うような事が有れば話し合って解決しようと、

そして二人は付き合うことにw

でも最後の暦の言葉はよく判りませんでした?

そして今回のオチは、

再会

『阿良木君さん……失礼噛みました』

居ない筈の八九寺は自縛霊からから普通の幽霊?になったとの事w

かみました

『見かけたら話し掛けてくださいね』



さてさて化物語前半部分が今回で終了

無事に暦君とひたぎは恋人同士にラバーな関係に?

しかし原作とは違いだいぶあっさりした感じでくっつきましたね、

付き合う前にひたぎの独占欲警告やヤンデレ注意はカットされてて残念ですね、

”浮気したらその女と阿良々木君を殺して私は逃げるわ”って感じの台詞があったんですけど、

さて次回はエロの化身、サルの話ですね沢城みゆきの声優能力に期待です、




テーマ : 化物語 - ジャンル : アニメ・コミック

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。