上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
第12話の感想をすっ飛ばした言い訳は学校が辛いと簡単な言い訳をw

すっごく簡単に12話に触れて書いてます。

Angel Beats! 第01話

Angel Beats! 第02話

Angel Beats! 第03話

Angel Beats! 第04話

Angel Beats! 第05話

Angel Beats! 第06話

Angel Beats! 第07話

Angel Beats! 第08話

Angel Beats! 第09話

Angel Beats! 第10話

Angel Beats! 第11話



まあ12話で戦闘組以外のSSSメンバーは音無の説得を受け入れて全員“都合よく”天に召されました、

1人羽を生やして戦ってる奏ちゃんとか微妙でした。

AB13 ソノタノメンバー

『やるんなら、やりきってくれ』

皆は説得ではなく納得したと!

音無の説得がきっかけで気がついたと、

うーむ?

ひさ子さんを含め全員普通の学園生活を楽しんで次に向かうとな、

AB13 多分後半要らない

外で他の戦闘組も合流してるけど、

本当に戦闘が無意味になりましたね。

一方地下で謎の?NPCにゆりが接触、

AB13 愛です

『世界に愛が芽生えました』

石田彰様の声は素晴らしいぜ!

この世界は楽園ではなく卒業すべき場所であり通過点だと、

既に救われていた音無が入り込んで世界が狂ってきたのだと、

それを正すためのプログラムが彼らしい、

この場所に辿り着いたゆりには世界を操る資格が有るとの事、

AB13 もう無理

『私がここまでやってきたのは皆を守る為なんだから!』 

神になる事を拒絶しました、

世界の謎は意味不明なままですがこの世界を作った存在は自分をNPC化してある人を待ち続けてるらしい。

ゆりは夢の中で?兄弟達から、

AB13 自己完結

『もう、苦しまなくて良いよ』

『長い間お連れ様お姉ちゃん』

で、気絶して意味不明な精神世界から帰還したのは3日後(ここから13話

AB13 下のテロップが

下に出てくるテロップっぽいのは要らないな~

12話で勝手に自己完結したゆりは既に旅立つだけの状態のようです。

と言うか意味不明な自己完結で終わらせないでよ!

ゆりは主人公かヒロイン的なポジションだと思ってたのに、

AB13 奏の願

『最後にしたい事が有るんだ、奏やったこと無いんだってさ』

他の戦闘メンバーはNPC化してた高松(ダイチュウ)も既に旅立ったようです。

AB13 誰の歌?

『その歌何だっけ?』

奏が鼻歌でメロディーを刻んでいた曲は、

AB13 岩沢の歌

『岩沢さんが最後に歌ったマイソング』

忘れるなよ!



その抽入歌は『Mya Song』タイトルそのままでしたか、

AB13 卒業式

『これより死んだ世界で戦ってきた死んだ世界戦線の卒業式を執り行います』

ここからグダグダで見てる方が疲れました

天使の奏には作曲才能0だと判りました、次は創業証書の授与、

AB13 えへん

『作ったんだよ、また主に奏がな!』

『えへっん』

無い胸をそらせてると解釈しろと言う事か??

セリフとか演説とか卒業式思い出す雰囲気ですね、

神谷さんの声も素晴らしいんですけどね。

無事に卒業式が終わりそれぞれ先に進む事へ、

最初は直井から音無へ全ての感謝を!

AB13 直井の感謝

『ありがとう、ございます』

もっと早く解り合いたかったゆりと奏でした、

AB13 もっと早く

『さようなら奏でちゃん』

AB13 またね

『リーダーお疲れさん』

『じゃあまた何処かで』

最後までゆりはゆりらしかったかもです。

サヨナラは言わずに再会をしようとw

AB13 親友

『じゃあな、親友』

日向も旅立ち残るは音無と奏のみ、

音無にとっては最初から人生に絶望していないのにやってきていた特別な存在でしたね。

彼は奏と一緒に残ってこれから来る人を救わないかと、

AB13 愛してる

『俺は奏の事をこんなにも好きだから』

AB13 私は

『今の思いを伝えてしまったら、私は消えてしまう』

奏の人生での心残りは自分の為に心臓を与えてくれた恩人に言葉を伝えるために、

本当は一番、前を進めなかったのは音無みたいですね、

ここで彼女と別れたくないと言う事か?

AB13 私にも

『あなたが信じてきた事を私にも信じさせて』

でも奏は頑なに前に進むように説得、

AB13 こころからの愛を

『愛してる奏!』

『愛してくれてありがとう』

AB13 ありがとう

『命をくれて……本当に”ありがとう”』

AB13 残る1人

そしてとうとう1人になった音無君ですけど………BADEND的な最後に!

愛する対象が消えたからか世界はリセットされNPCが復活してました。




ネット上でも賛否両論ですけど最初からこの結末は予想出来ていましたからね。

だって死後の世界なんですから、

AB13 出会う二人?

何時か何処かでまた出会う二人的な最後でした。

謎ばかりが残りますがこの世界は通過点であり次の人生への希望を持てと言う事なのかな?

奏の人生とか何故天使になったのかとか、他の戦闘組なども過去が知りたかった。

非戦闘員では姉さん風のひさ子とかさ!!

私には3話の岩沢の話が一番でした。

全体的には中盤以降があんまり良く感じませんでしたね、

無駄に多い戦闘シーンが好きになれなかったです。

再会した二人の出会いとか二次制作で補完しろと言う事か!
スポンサーサイト

テーマ : Angel Beats! - ジャンル : アニメ・コミック

 
前回いきなり登場したのは文字通り影が大量に襲ってきました、

Angel Beats! 11 誰?

『高松がやられちまった!』

ダイチュウが!?所で君誰だっけ??

ハルバードを持ってる野田とキャラが被っていていまいち存在感が無い藤巻君でした。

Angel Beats! 第01話

Angel Beats! 第02話

Angel Beats! 第03話

Angel Beats! 第04話

Angel Beats! 第05話

Angel Beats! 第06話

Angel Beats! 第07話

Angel Beats! 第08話

Angel Beats! 第09話

Angel Beats! 第10話

音無は次に誰を救い出そうか考え中?

言い方を変えればかなり自己中心的な行動かもしれませんがこの世界に留まる事自体が間違いだと言う思考かな?

奏と合流する前に日向、そして直井も参入!

Angel Beats! 11 仲悪すぎ

仲悪いな二人はw

二人とも音無の行動を固定してお手伝いを

Angel Beats! 11 消すんでしょ?

『判っていますとも……1人ずつ消していくんでしょ?』

本当に違う意味に聞こえてくるよ直井君、

いきなり影に襲われますが、ゆりさん全員に警戒を促しておくべきじゃないでしょうか?

ゆりと天使が協力行動してますけど違和感ありますね~

色々天然で奏がボロを出しますけど直井がフォロー?

Angel Beats! 11 変ね

『しかし、意外に従順ね?冷酷さなんて微塵も感じられない』

Angel Beats! 11 刺されます

『いえ、冷酷です、副会長の僕はよく刺されます』

機嫌が悪いと周りの物を刺しまくるとか微妙な説明を

もうバレバレじゃないでしょうか?

クライスト達の報告では天使のプログラムに異常は無いようで他に原因が?

そして突然の銃声と真昼間のグラウンドで戦闘行動へ、

奏こと天使も加勢に行きますが、

Angel Beats! 11 羽

確かに天使っぽいです。

Angel Beats! 11 戦闘

各キャラの戦闘シーンとか要らないと思うよ自分?

ガンカタ戦闘とか見飽きた。

野田のハルバードとか前回みたいにカッコよく振りまわしてほしいのですけどね?

別の場所では高松(裸族のダイチュウ)が襲われていた様です。

Angel Beats! 11 変貌

翌日、学校へ普通に通う高松はNPCになっていました、

影に魂を抜かれたとゆりは推測、

ゆりはSSSのメンバー全員を集めて影による説明と音無の行動の説明を皆に、

Angel Beats! 11 皆を助けたい

というかメンバーは大体30名くらいでしょうか?

『そんな都合のいい話が有るか!』

まあ皆さんは世界に対して絶望した集まりですから魂の救済って信じませんよね、

それを助けるのは音無の行動の結果を知っている二人の親友!

Angel Beats! 11 俺も1

『俺みたいな、人間のクズのまま死んで来たような奴でもさ』

Angel Beats! 11 俺も2

『音無さんだけが、僕に人の心を取り戻させてくれた、たった一言掛けてくれた、ねぎらいの言葉で』

みんなは戸惑いゆりに意見を求めますけど、

Angel Beats! 11 各自自由に

『私がしたいようにするだけよ』

これは一種の自由権利ですね自分自身で決めてその結果を負うのは自分自身って事か、

だからゆりは強要もしないし勝手に決めろと言う事か、

天使は対影用の戦力として前面に配置したいと、

『別にその子、天使じゃないわよ』

いきなりの衝撃発言をさらっとw

Angel Beats! 11 動揺

みなさん動揺しますが、

確かに自分自身を天使だとは言っていませんからね。

Angel Beats! 11 ナデナデ

音無は奏も救うと、

一方のゆりは1人でも影と戦い皆の為に時間を稼ごうと!

日向の台詞だと最初に組織を作ったのは日向とゆりが始まりのようです

別れる時にゆりは、『天使』ではなく『奏』と呼びました。

影に襲われ始まる戦い、各人色々考えています。

ゆりは何者かがこの世界を書き変えたのが今の状況だと何者なのでしょうか?

パソコンが大量にある場所が怪しいと、

でも図書館にいたのは一般のNPCで最近大量にPCが盗まれたようです。

怪しい床を調べると………

Angel Beats! 11 また地下

『またギルドかよ!?』

えええまたかよとこっちも思ったよ。




もう三回目のギルド戦か~~だるいぞw

そして予告に謎の声が石田彰様の声が!!

これってどう考えてもラスボスの感じなのでしょうがどうなるのやら、

そして松下5段は何時帰ってくるのだw

何だかんだで残り2.3話で終わりそうですが皆さん救済されるのかな?

テーマ : Angel Beats! - ジャンル : アニメ・コミック

 
声優の演技力は偉大だと感じる作品です。

やはり前回のことりちゃんを引っ張る相馬と山田です、

WORKING 10 トラウマ

『かわいぃ~~♪』

本人はトラウマですから止めてあげようね^^;


WORKING!! 1話

WORKING!! 2話

WORKING!! 3話

WORKING!! 4話

WORKING!! 5話

WORKING!! 6話

WORKING!! 7話

WORKING!! 8話

WORKING!! 9話

やっぱり店長の言うとおり男女関係を職場に持ち込むのは駄目な感じがしますが、

WORKING 10 店長

『なんにせよ、めんどくさい事にならんようにな』

本人はめんどくさがりなだけか?

WORKING 10 ありがとう

『バイト続けられるようになりました、小鳥遊君のお陰です』

キュンキュンですが、

WORKING 10 遠い

『井波さん……遠い』

微妙な距離感になりました。

小鳥遊君は女性の心情が理解できません、

と言うより12歳以上の女は理解したくない小鳥遊君、

井波ちゃんは井波ちゃんで好意を抱いているのに反射的に殴り自己嫌悪突入、

WORKING 10 好きで嫌いで

『好きなのに嫌いなの!どうしよう~何これ!?』

寝ても覚めても小鳥遊を想う井波ちゃんは、

WORKING 10 おんなじだよ

『それって今までと変わって無いよ』

WORKING 10 実は好きでした

『と、言う事は初めから私小鳥遊君が……』

気づいちゃいましたが恋とは突発的なものだと思うよ?

ちゃんと向き合う二人ですが小鳥遊の一挙一動にドキドキでした。

一方八千代は杏子店長が出張中の為に尽くす相手が居なくて寂しく寂しく、
そんな八千代に相馬は、

WORKING 10 寂しい

『代わりに佐藤君に尽くすと良いよ~♪』

WORKING 10 かまっても

『そっか、尽くしても良い?』

『おい!お前寂しさのあまり思考回路ぶっ飛んでるぞ』

こっちはこっちで男心が複雑な佐藤君です、

お互い名前で呼び合おうとか色々無邪気な攻勢で佐藤君のHPはあっという間に0に、

WORKING 10 友達

『名前で呼ばれるの夢だったの……同世代のお友達に!』

酷いオチだ(>_<)

そして塾帰りの妹なずなは兄と井波が一緒に帰るのを見て、

WORKING 10 謎

『まさか、お兄ちゃんの彼女?でもあれは何??』

謎のマジックハンドで一緒に帰る二人は謎ですね。

翌日謎の新人?

WORKING 10 小学5年生

『小鳥遊なずなです、よろしくお願いします』

店長は簡単に買収されてました、(大量のお菓子)

井波の偵察に来た妹?

小学校5年生には見えませんなずなちゃん!

WORKING 10 腹黒い

(まあいっか、お姉ちゃん達と同じく井波さんには色々してもらおう)

さらっと腹黒いぞ!!直後に殴られる兄を見る妹、

なずなは井波と二人っきりになり、

WORKING 10 好きなんですか?

『お兄ちゃんは殴られるの好きなんですか?』



WORKING 10 誤解で

『お兄ちゃんの事好きなんですか?』

テンパリすぎの井波は誤解を、

WORKING 10 大誤爆

『好きです!』

『本当ですか!?(殴られるのが)』』

何と言う誤爆と誤解だw

なずなは兄は殴られるのが好きな人物だと誤解が、

男性恐怖症が終わるまでの関係だときっぱり小鳥遊君に言われちゃいました、

でも何時も通りに反射的殴る井波、

WORKING 10 どうしよう

『もう私どうしたら?』

『………とりあえず手を離せ』

何だかんだで治したいのか今までの関係を続けたいのか悩む井波ですけど、

WORKING 10 いまのままで

『井波さんは今まで通りで良いですよ』

WORKING 10 はい

『……うん』 

と、今の関係が当分続きそうです。




今回は乙女パワー炸裂の井波ちゃんですが妹のなずなは変な誤解をしたままに、

なんだか小鳥遊は素でナンパしてるような発言が多く井波はそれを誤解して良いように受け取ってしまいます。

二人のすれ違い関係はずっと続けばいつの間にかくっつきそうな感じが?

残り数話で終わるほのぼの話は残念、

テーマ : WORKING!! - ジャンル : アニメ・コミック

 
前回から天使と手を組んで皆に生きた事を後悔させないように決意した音無君、

AB10 出番が

『最近私の出番が無いようだけど、どうなってるの!』

『これは仕様ですゆりっぺさん』

この人最近とことん出番無いです、今回は最後に1シーンだけ、

Angel Beats! 第01話

Angel Beats! 第02話

Angel Beats! 第03話

Angel Beats! 第04話

Angel Beats! 第05話

Angel Beats! 第06話

Angel Beats! 第07話

Angel Beats! 第08話

Angel Beats! 第09話

最初の救済者はユイを選んだと、

本人はキャラ的に何時も楽しそうに、過ごしてもう一押しだと音無は考えますけど、

天使がユイを挑発して音無が助けて、と作戦を。

ギターとボーカルをしているユリは器用貧乏でメンバーから注意を、

AB10 死んでいる

『お前のギターの所為でバンドが死んでる!』

絶妙なタイミングで天使ちゃんがw

AB10 見破られた!

『一瞬にして今のバンドの弱点を見抜いた!』

ギターを奪いユリを吊る作戦でしたが、

AB10 何で1人?

『何故お前1人なんだ?』

『追ってこなかったから』

何と言うか誤解が誤解でユイさん器用貧乏から脱却してボーカルに専念しようとw

AB10 歌に専念

テンション微妙なユイは直ぐに熱くなったり落ち込んだり面白いキャラですな、

久しぶりのひさ子さんはここまでの出番でした、残念。

何とかユリから色々聞き出すことに成功、

色々な事がしたいと言うユイさん、

今回の鬱話はユイさんでした。

AB10 過去

事故で首から下が完全にマヒした状態の生活を送っていた様です。

つーか5番の病院には結構そういう人居ますよ、

野球にサッカーにプロレスと音無は全ての夢をかなえてあげたいと、

面倒見よいですね~

実は全てテレビの中の出来事に憧れを抱いているようで、

AB10 プロレス技

最初はジャーマン・スープレックス・・・・・何でだ??

結構出来ずに何度も何度も投げられる音無が根を上げそうでしたが成功

次のサッカーは五人抜きと目標が高いです。

SSSの男性陣(馬鹿面子)を騙して相手にさせます。

AB10 サッカー

『いくぞ~てめ~ら~~!』

馬鹿なのが幸いして音無に簡単に5人は乗せられましたね、

色々サッカーじゃなかったですが一様キーパーの日向まで突破、

AB10 殺人シュート?

『覚悟!必殺!殺人韋駄天シュート!!』

キーパーの日向君も突っ込み所満載の台詞でした。

AB10 援護

もちろん天使や音無の援護が有ればこその結果でした。

AB10 最後の難関

最後は難題の野球でのホームラン!

まず女性の力では無理じゃね??

そんな二人を影から見つめる男は、

日向君でした、

AB10 本気の野球

『お前もやるか?本気の野球』 

AB10 やりますか

『そう言うのも良いかもな』

もちろん一発でホームラン級でしたよ、

流石に3日目にしてユリは不可能だと諦めてしまいました。

AB10 楽しかった

実は結果よりも過程で体を動かして楽しめたので満足したと。

彼女の真の欲しかったものは、

AB10 女の幸せ

『結婚、女の究極の幸せ』

体が動けず自分の幸せを全て取られた神へ怒りをぶつけますが、

AB10 求愛

『俺が結婚してやんよ』

と日向が登場して熱い告白でここのシーンは良かったです。

AB10 60億分の1

『また60億分の1の確率で出会えたら、その時もまたお前が動けない体だとしても、お前と結婚してやんよ』

二人の新しい出会いを想像する二人、

AB10 お母さんを

『私を何時も1人でさ、頑張って介護してくれたお母さん楽にしてあげてね』

AB10 任せろ

『まかせろ』

彼女は皆が笑顔になれば満足かな?

後に残ったのは日向と音無だけでした。

AB10 まだ心配なのさ

『俺も最後まで付きあうさ』

音無のやってる事を理解して手伝おうとする日向

一方この世界では異変が起きて?






何か謎の異変は消えた存在が襲いかかるとか?

悪魔じゃね?と思われてたユリは普通に消滅~

AB10 二人の未来

EDもユリと日向と特別仕様、

今後二人は出会う事を祈りたいです。

つーかガルデモが解散しちゃうじゃんw

そしてヒロイン?ゆりは全く出番無いです。

最後は日向とユリのラブラブで終わりました~残り3話かな?どう言う結果になるか楽しみです。

テーマ : Angel Beats! - ジャンル : アニメ・コミック

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。