上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
管理人は原作はさっぱり知りません、ネットで軽くストーリー情報のみ知っています。

1話 そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなぁ
1話
普通の一般人と人気アイドルの恋人関係ですれ違いの関係を続けている、一話にて寝坊でバイトクビになって
アイドル同士の陰険な虐めが酷い
会えない二人は電話での会話のみ、

2話 ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?
2話
由綺の彼氏を見てみたいと理奈さん、
はるかの突然の訪問で深夜の散歩(ランニング)へ、
由綺は緒方 英二から新曲を聴かされて感涙、
翌日に冬弥のバイト先へ由綺とアイドル緒方理奈(本日の女神)が!
冬弥は理奈へ電話番号を、
親からの仕送りを送り返し家に帰ると電話が……

3話 手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ
3話
電話は由綺からではなく理奈からでした、日が変わる前に『幸運を上げる一つだけ』という事でマネのバイトで由綺と居られる事に、
折角の家庭教師バイトが入ったんですがマネバイトと重なりお断りを、
いきなり理奈のヘルプだと思っていたら制式マネへ採用みたいですが?(3日間)
浮ついた二人の雰囲気を理奈の転機で乗り越えました。
それを見た由綺のマネージャー弥生がなにやら行おうと?
1日でマネバイトをクビになり親へ土下座をし送り返した食材を受け取りましたね。
大学受付のお姉さんからバイトの斡旋に成功して本日の女神に、

4話 想像を超えて分かり合えるって、感じる時がある。逆の時も多いけどね
4話
理奈は自分のスケジュールを合わせて冬弥と由綺のデートを企画してあげました、
ここで凄い事が冬弥は電車で考え込んで10時のデートに間に合わず!
本当は理奈が1時間だけ冬弥を借りる計画でしたが……
偶然であった少女を本日の女神に認定、
由綺とは理奈の所為ですれ違う結果に、
夜にようやく出会えた二人は………『しっかり感じていたい』と由綺に誘われ二人は、

5話 邪魔をするのが、近しい人間だけとは限らない。知らない人ほど、手厳しい
5話
シャワーを浴びた冬弥でしたが由綺さん既に就寝中でなにもせず、
外に出て弥生とドライブに、数年前の理奈を嵌めたスキャンダルを警戒して近づくなと、
代わりに『だって藤井さんお寂しいでしょ』と身体を差し出すと、翌日から弥生と色々お出かけに、『熱の無い人形だ』と。
帰った部屋には美咲の脚本が?由綺からの電話を無視して脚本を読破してましたね。
美咲からの『助けて藤井くん』と電話が、

6話 悩みを忘れるいい方法。他人のトラブルに首を突っ込んでみるってのは、どう?
6話
衣装、小道具まで作れと言われ藤井に美咲が助けを求めて、
冬弥は美咲の手伝いで家に帰れず、由綺は新曲の収録で、
何故か理奈は冬弥に毎晩電話を?
弥生は肉体的な攻勢をかけていますが謎の無言電話が?
二人で衣装制作に取り掛かる事になりますが……二年前に田丸に何かされたみたいです美咲さん、
由綺は完全にダメだしを受けて、その時に理奈が陣中見舞いを?
衣装は時期的に大学で頼むのは不可能で冬弥は何かを思いついたようで、

7話 イメージはどんどん構築しなきゃ。ただでさえ、端から崩れてくものなんだから
7話
由綺は理奈から何かしてもらい収録は成功へ、
緒方兄妹は何やら悪巧みを?
衣装の作業をする為に冬弥の実家へ泊り込むことに、仲が良いのか悪いのか面白い親子ですね。
無論家には帰れないので由綺からの電話が……
家庭教師のバイトを受けて観月マナとちゃんと対面しましたが、マナは冬弥と由綺の関係をまったく信用してませんでした。
エコーズで美咲と食事中に理奈が来て地下の秘密の部屋へ、
緒方兄妹から盛大な誤解と嫌がらせで冬弥を困らせて楽しむ兄妹w
収録場へ彼をつれて理奈の歌を聞かされ桁が違うと感じていました。

8話 時間がないときほど、多くの事ができる。やってしまう。もちろん、恋だって
8話
完璧な歌唱力を持つ理奈それでも、
『私は兄にとって好ましいおもちゃでは無いと言う事』はるかは放心中にたちの悪い男共に言い寄られてますがマナの転機で助けられました。
完全な存在になった物には興味をなくした緒方英二は未完成な由綺を育て上げたいらしいが、
理奈に対して冬弥はかなり惹かれているみたいですね。
『藤井くん限定で歓迎します』とスケジュールを渡されました。
そして日々は美咲と衣装や小道具制作を日々坦々とこなし由綺とは電話すら殆どできず会うこともできないみたいですね。
12月24日にM&Mの桜団との対決に緒方英二は挑むみたいですが不利な状況でも楽しそうでした。
冬弥と由綺は久しぶりに二人の時間を作れましたが距離は遠くなってしまいましたね。
家に送ると言われ弥生と身体を重ねたみたいですが?

9話 思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間どうせみんなたわ言
9話
予定日の早朝に衣装、小道具は無事に完成しました。
しかし田丸にいちゃもんをつけられ作り直せと!!
家庭教師のバイト中でしたが相変わらず何もしてませんねwマナからキスをされそうになり?
衣装作りに父親も参戦!!徹夜で制作を完成させました
学園際ではるかとマナが出会いました、由綺がゲストで出演してましたが冬弥とは出会えず。
田丸の嫌がらせで客席から見るなと美咲を完全に拒絶しました。
美咲は裏技で二階席から2人で見ようと
二人で過去について語り美咲は本音をぶちまけて壊れそうになる所を冬弥が口付けをして持ち直しましたが、
後輩を裏切れないから思いを伝えられず『大嫌い』と、彰が現れ救急車で病院へ、

10話 一人相撲が虚しいのは、一人だからってだけじゃない。観客の目が、痛いんだ
10話
美咲の怪我は対した事無く疲労がたまり一晩で回復できると、
冬弥父はなにやら病気を?でもそれまで元気一杯だったんですけどね。
ライバルの桜団にアリーナを取られてクリスマスライブに挑むと、
由綺は弥生に手紙を渡して欲しいと
田丸は演劇を潰され冬弥に凄まじい程の悪意を
彼女の初ライブは公会堂(野音?)らしく理奈は冬弥を専属のマネージャーとして雇うことに、
英二はM&Mと観客動員数で勝負をしているようですが?
理奈は満員でも1500人、桜団は50000人の動因をすると、
弥生に対してストーカーしていたのは元理奈のマネージャー平良木でこの時に間違えて冬弥宛ての手紙を破り捨ててしまいました、
それを偶然理奈が発見!
気丈に振舞う弥生ですがかなり堪えている様で冬弥へ、

11話 胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るでけで
11話
英二のM&Mとの戦いは動員数ではなく満足度で図る動員地で競う戦いらしいです。
数字上の詐欺みたいですが
手紙を弥生に問い詰める理奈でしたが誤解なんですけどね、
美咲に返せない本をマスターに頼む冬弥です、マネ、家庭教師を
何度も何度も歌い直しをする理奈はプロだと思いますね。
一方の由綺はかなり追い込まれているようで?
弥生は手紙を渡したと嘘を、
美咲と彰は付き合いだした?
仕事にのめりこむことで由綺の事を忘れようと!『気持ちがわからないと』涙を流し弥生に慰められてました。
一方の里奈は何故か?スランプへ?

12話 縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと
12話
理奈から弥生の誘いに乗るなと忠告を、遅かったんですけどね!
『明日エコーズにいこ、デートしよ』と引きとめようと?
弥生に対して由綺の代わりにはなれないが他になれるものがあると冬弥に押し倒され、理奈は待ちぼうけを、
誘いを断られたのがかなり悔しいのかだいぶ引きずっているようです。
直接手紙の内容を理奈から伝えられました、冬弥に対する甘えが一杯の内容ですがイブまでは頼ることが出来ないと、
マナの母親はM&Mの社長でした!そのコネから森川由綺のコンサートチケットを入手、
と思いきや美咲、はるかがそれぞれ由綺のチケットを入手し一気に3枚もw
美咲と彰がデート中に田丸が現れなんとナイフ(小道具)を刺されましたが冬弥が返した本のおかげで無傷に、
マスターから修正をうける冬弥ですけど弥生の誘惑から逃れることが出来ませんでした。
そして由綺のコンサートが始まる。

13話 器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね
13話
謎の新キャラ登場?今日の女神だそうですw
由綺、理奈、そして桜団のクリスマスライブが開始されますが桜団はなにやらゲストがいないとか?
観客は総立ちの大成功です
そしてなんと理奈は二つの会場を掛け持ちで一気に移動、スクリーン会場予定の場所でいきなりのサプライズコンサートを!
英二から由綺は浮気は許すだろがその対象にされれば許さないだろうとw
コンサートから帰ると何故かそこにはマナが?
冬弥へ不器用なプレゼントを渡し部屋へその後に弥生が来て熱を出してるマナを病院へ、
はるかが更にやってきますが女の影を見て逃げちゃいました、
美咲は冬弥パパの所へいきますが?
はるかを追う冬弥、そこへ彰がやってきて親父さんが><!



藤井 冬弥
主人公
主人公、アイドルの由綺と学生時代からの恋人、時々変な『今日の女神』とか妄想してますね、
家庭環境は複雑で父親とは仲がすごく悪いみたいです、
困っている知り合いを見ると放って置けない性格みたいで複数の女性から好意をもたれていますね、
現在由綺一筋なんですが弥生との関係を続行中、


森川 由綺 声 平野綾
メインヒロイン?
恋人だけど女神ではなく日常の存在だと、
仲間内からは他のアイドルから陰険な虐めにあっているみたいですが、
同じ職場で冬弥に浮ついてしまい少々理奈に気を使われてますね、
4話にて肉体関係を?持ちそうで持たなかったようで、
5話から新曲のレッスンを開始!
未完成ながら引き込まれるような歌唱力を持っているが心はかなり弱いみたいですね。
変わった自分を見せたい為に会うのを我慢して必死に涙を流しながら耐えていましたね。


緒方 理奈 声 水樹奈々
理奈
人気絶頂のアイドルで由綺とは個人的な親友として目をかけているみたいです、
怖い部分もかなりあるみたいな仮面キャラ、
4話では色々大変でした、
過去に制作部長がお金の使い込み彼女をスキャンダルに晒されましたが兄弟二人で乗り切ったようですね。
主人公を後半に専属のマネージャーにしたりデートに誘ったりとかなり惹かれているみたいですね?


澤倉 美咲
美咲
主人公の先輩、色々主人公の世話を
5話にて台本の感想を冬弥に頼んでいますが、サークル内から嫌がらせを受けて衣装制作を無理やり押し付けられて、
過去に演劇部で内ゲバがあり教授を巻き込んでの騒動があったと、それ以来、幽霊部員兼雑用係にされていたみたいです。
藤井親子の協力で演劇を乗り切りましたが田丸から小道具で刺されるが冬弥のお陰で無傷に、
現在は彰と付き合うようになったみたいですが、


河島 はるか
はるか
ボーイッシュ風の女友達で元かなりのテニスプレイヤーだが兄を亡くして以来ラケットが握れないと、
突飛な事をするマイペースキャラ、
4話にて学校行事を押し付けれれて、
7話にて1人冬弥を待ち続けていましたが………精神的にかなり追い詰められ状態で、
マナに助けられて以来彼女を座敷わらしだとw
その後にマナとはツーリング仲間に、
相変わらず情緒不安定な人物ですね。


観月 マナ
マナ
3話から家庭教師をする事になりますがなにやら複雑そうな、同じ高校の後輩らしいです。
4話にて偶然出会い一緒の時間を過ごす事に、
裕福な家みたいですけど家庭環境は悪そうですが、両親はそれぞれ仕事で日本にも居ないそうです。
冬弥を出来の悪い兄みたいに思っているようですがそして毎回違う女性を連れている冬弥の本当の恋人は誰か混乱してますね。
はるかを助けるた事で二人は仲良し、
最終話にて弥生に連れられ病院へ、


篠塚 弥生
弥生
由綺のマネージャーをしていますが、
5話から彼女と別れる様に迫り身体を差し出して感情の無い人形の様に見えるみたいです。
その後も何度か冬弥と会っているみたいですが、
理奈の元マネから悪質なストーカー行為を受けてしまい冬弥に対して安らぎを求めるようで、
初対面のマナを気遣う優しさを、


七瀬 彰
彰
優男で冬弥の親友、同じバイト仲間、チーズケーキ作りに関してはかなりの才能があるようでお店の看板商品にw
アイドルには興味が無く美咲に夢中の青年、
学際では自分のサークルの中心人物で美咲を手伝うことが出来ませんでした。
美咲と付き合うようになりましたが冬弥に対して未だに嫉妬を、


緒方 英二
英二
過去に天才的なミュージシャンだったが完全になりすぎた自分に飽きてしまい放棄、
その後に新しい可能性を求めて理奈を送り出すも2年で完成されてしまい今は由綺を育てることに夢中なそうです。


感想としてはかなり人間関係が複雑なんですよね、
特に学園祭の準備あたりからわかり難くなり過ぎて、
しかしヒロインは一体誰なんでしょうかね?
由綺の出番がだんだん少なくなって弥生と肉体関係持って理奈とは色々近づいていると感じますが、
第二期のテーマは「肉体」だそうで弥生以外と関係を持つって事かな?
スポンサーサイト

テーマ : WHITE ALBUM - ジャンル : アニメ・コミック

 

<< WHITE ALBUM 第14話 『チューニングが合ったためしがない。もっと良好な場所があると思ってしまう』 | Home | Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話 『江漣』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。