上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今回のプロファイリングまとめ

爆弾犯の特徴は大抵が男性、他人との接触を嫌い過去に犯罪歴があり、事件の50%は破壊が目的、
犯人は間違えて自分も一緒に吹っ飛ばしてしまう事があり被害者も怪しいと。
破壊を目的とする爆弾犯は仕事に爆発物を扱う仕事をしていて殺意は二の次。
政治的な目的だと中絶クリニックなどを狙う、
明確な動機の有る犯人は統計的に利益か罪の隠蔽。


3話から12話まで収録




あらすじ
パームビーチの住宅街、家から出たばかりの男が手に持っていた小包に仕掛けられた鉄パイプ爆弾で重傷を負う。
しかもその事件を現場からTV報道中にも爆発が・・・。



ジェーソン・ギデオン 過去の爆弾事件で部下を6人殺害されている。
エル・グリーナウェイ 性犯罪の専門家、
アーロン・ホッチナー チームリーダー
デレク・モーガン 爆弾の解析の専門家、今回の事件はギデオンに疑惑を持っている。
Dr.スペンサー・リード 天才ドクター(博士号3つの称号)
ジェニファー・ジャロウ 通称JJ BAU連絡係
ペネロープ・ガルシア 後方支援担当、FBIに入ったのは医学部に落ちたため。 『こちらクイズマニアの天才です、クイズだして』



二人の男が何かの言い争いをしているが一人が逃げるように車で立ち去ろうとすると持っていた爆弾が爆発、
BAUに国土安全保障省からプロファイリングと危険度の査定を依頼される、
爆弾は破片から鉄パイプ爆弾、

水銀レバー式で少しでも左右に揺れたら爆発する物で郵送ではなく犯人が直接置いたそうです、凄い行動力だと思いますね、
ホッチナーもたかが2.3人を殺すためにするには手間がかかりすぎていると
ギデオンはパニックをあおらない為に警戒レベルを下げるようにと、
しかしニュースではCNNからアルジャジーラまで様々な 報道され警戒レベルを上げざる得ない状況に!
さらに悪い事に現場で中継していたニュース番組がライブで爆発を生中継で放送する事態にΣ(゚д゚;) !?

ライブ

タイトル



『愚かなる行いの殆どは、自分とは似ても似つかない人間の真似を真似をしようとする事から生じる』サミエル・ジョンソン


ライブ中継で死亡した女性を含めると3人の人間が狙われたことに、
2人目で唯一の生存者であるクラーマンは事業で失敗し多くの人間に損をさせて恨まれていると、

目撃者の証言ではクラーマンは小包を抱えながら車に乗ったと(少しでも左右に接触してしまうと爆発)w|;゚ロ゚|w怖~~

モーガンは本部で爆弾の解析中に小包が!
到着

『パームビーチから警官の護衛付きで』ガルシア
爆弾の破片から元の形を復元すると(*`д´)b

それにより犯人の性格を割り出すと目的は単純に殺しが目的と、

ホッチナーとエルは被害者の家宅を捜索中に棚の後ろに隠された箱の中から『無政府主義者の手引き』の本と材料や工具が。
本


ギデオン、リードは被害者に尋問をするが完全に白と断定される。
箱の持ち主は甥っ子の12歳の少年で興味を持っていただけだと。


『うぐ!足の先が』

足が


(>< )ひぃ~~~足が無いです

爆弾の修復中にガルシアのひらめきにより犯人の特徴を掴むが犯人は現在刑務所で終身刑中の人間だと

犯人はエイドリアン・ベイルと同じ物を作っていると、
過去にギデオンが逮捕する際に彼の判断ミスで捜査官を6人と人質1人を死亡させる事件だったと(第1話の前の話)

ベイルから情報を聞き出すためにギデオンは単身刑務所へ、
爆弾の材料は硝酸アンモニウム、塩化カリウム、アルミニウムパウダー、更に溶接やスイッチのパターンまでの完全な模倣だと、
その為事件の手口であるあて先の『青い文字のブロック体』に注意せよと、
FBIの上層部はベイルに取引を持ちかけてでも事件を解決したいと、

JJによる報道で茶色の小包と青い文字に気をつけるように報道で市民に呼びかけることに。

過去の犯人


ギデオンは過去の事件でベイルの説得に失敗し6人の部下を失う失態を。
『ボタンを押したらどんなに気持ちいいだろうと、やらずにいられなかった』ベイル

ある家庭に届けられた小包が報道の物と同じ物で子供がそれを拾ってしまい(/□≦、)小包


ギデオンはベイルが事件には関わっていないが自分と同じ爆弾を使われると教え犯人と接触させる事に、
読みどうりベイルは刑務所の図書館のネットで自分の信奉者たちに警告文を。


一方食事にありつこうとしたガルシアにモーガンが仕事をw
食事

『今週は寝てないから食べるのを止める』
『可愛そうにな~書類に涙を垂らすなよ、汚れるから』ネットでベイルと関わった犯人とのやり取りの情報を調べることに~

犯人が突き止められた時に動機などプロファイリングに一致する人物を突き止め追い詰めるが逃走を許してしまう、
警察署では犯人の指名手配と動機などの洗い出しで目的が明らかに。
そこに一人の民間人が現れ。


人質

『お願いします、助けてください』と(T△T)犯人に銃で脅されて付けさせられたと。


爆弾は超一流で外す事は不可能で時間が掛かり過ぎてしまい(タイマー式)解除が犯人以外に不可能だと、
犯人は警察署の付近のビルに居る事を直ぐ突き止めることに成功し解除させるために生け捕りが必須に!

『唯一の後悔は警察の説得に応じた事だと』ベイルはネットに書き込んでいて犯人はそれを見ていた( →_→)

自爆

追い詰めた爆弾犯は自爆をしてしまい解除の方法が無くなってしまうが一つだけ解除する方法が!
それはギデオンが部下を6人殺されたベイルに解除させるがギデオンにとっては屈辱的な条件を突きつけられる!


駄目だ~~~今回はオチがかな~~り読めてしまう内容で途中からかなりしょんぼりな内容に、
モーガンはワシントンで爆弾の解析に係りっきりでしたが今回の一番の功労者でした、
彼の忠告が無ければ最後の前の自爆を察知する事は不可能でしたね。
犯人の動機や行動や結末もプロファイルどうりで納得のいく内容だったのには後から見直すと良くわかります、
しかしオチが少々読めてしまい残念でした60点

次回は「白昼のレイプ・キラー」タイトルから判るようにレイプ殺人が基本なので取り扱いはしたくないと感じますが、
面白いんだよねw
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

 

<< 日曜洋画劇場 レッド・クリフ part1 | Home | Phantom Requiem of the Phantom 第2話 『訓練』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。