上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
大分遅れて更新してます、


OP

『やれやれだぜ』

これってイシュトヴァーンの口癖なんでしょうかね?

よく聞くんですけど、


管理人は原作知りません。


港のロスの町へ到着のグイン一行、

流石にグイン達は目立ちすぎなので、

俺に

『海で育ち海で育った俺の経験が要る』

へ~~イシュトヴァーンは海育ちなんですね、(初情報か?前に船に乗ってたとは言ってたが)

彼は一人で金などを稼いでくるって言っていますがどうやって稼いだんでしょうね?

グインは自分の所為で行動しにくいならここで別れようと提案しますがリンダはもちろん反対しますが!

黒い

『そうだね、その方がいいのかも知れない』

レムス君が悪い方の意見を!うは~~先週からヤバイヤバイと思っていましたけどここまで悪化するとは、

修正

『今何て言ったの!』

ってリンダはレムスに一発お見舞いするんですが

反省の色は全くありませんねレムス君。

『俺はお前達の騎士となりアルゴスまで無事に届けよう』

グインは良いのですがレムスは不満が一杯のようで


逢引するナリスとアムネリスさん~~

氷の

『皆は私を氷の皇女と呼ぶ』

彼女のモンゴールでの呼び名ですが氷は炎の情熱で溶かす事ができると、

光の2

『私なら貴女をこう呼ぶでしょう光の皇女と』

光の3

金色の髪の色が美しく光のように輝いていると,

ナリスさんは上手い事押したり引いたりでアムネリスの女の部分を上手く刺激しておりますな、

その上パロの最高機密の転移装置をお見せしようと夜へ


アス
アス2

一方の変態もとい元エリート青年貴族騎士さんは根が正直で暗示に簡単に掛かるとw

ナリスの弟ディーンで吟遊詩人マリウスさんはアストリアスからレムス、リンダの情報を得ようと、

そこで初めてグインの姿を見て驚いてました、豹人ですからね~~

早くレナスに報告して早く二人を保護したいと、



一方深夜にアムネリスは単身ヤヌスの塔へ、戦装束で警戒してます。

逢引

『モンゴールでは婚礼の前の逢引にはその様な勇ましい姿でこられるのかな?光の皇女よ』

光の皇女

『その呼び名はよせ!嫌な気分になる』

ナリスはからかってるのか本気なのか判断が付かない状況で彼女を最高機密へ、

その転送装置こそがモンゴールが欲しい物らしいですが魔術師かパロ王家の人間にしか使えないとな?

拷問

『モンゴールお得意の拷問ですね面白い』

前回の意趣返しでしょうかね?アムネリスを転送装置の中へ、

敵国へでも海の底へでも好きな場所へ飛ばせると脅します。

涙を流してナリスに恐怖している事を認めるアムネリス、当たり前ですが出た時は怒り心頭の彼女ですが、

キス

『一人の女として海のように深い私の愛を受け入れなさい』

ここで飴とムチを使い分けているナリスさんは凄いです、

こうしなければ私に心を開いてくれなかたっとw

今まで姫将軍だった彼女を女として見てくれたナリスに彼女はもうメロメロじゃないでしょうかw


ロスの町でグイン達は3日間過ぎましたがアルゴス(グイン達の目的地)がモンゴールへ宣戦布告したために今晩中に出発しないといけないと、

アムネリス、ナリスの政略結婚の話がリンダ達に伝わりリンダは怒り、イシュは政略結婚だろと冷静ですが、

王に

『僕がアルゴスに着いたら直ぐに正当な王を名乗って即位するんだ』

レムス君ヤバす。

そして船ヘ乗船する前に面白い情報が、

最近毎晩の様に強盗が出没するようなんですけどこれって…………イシュトバーンじゃないっすか!!??

ともあれ無事に船に乗り込んだ一行は海へ出航いたしましたとさ、

海へ



なんだろ~~今回は政治的なナリスやアムネリス系の話が多くてあまり面白くは^^;

逆にイシュはどうやって路銀を稼いだのか気になりますがやっぱり強盗したんでしょうかね?

そしてレムスは黒くなる一方です、心配ですわ、



スポンサーサイト

テーマ : グイン・サーガ - ジャンル : アニメ・コミック

 

<< Phantom Requiem of the Phantom 第14話 『監視』 | Home | 戦場のヴァルキュリア 第13話「戦慄の移動要塞」 >>

コメント

イシュトの口癖

>『やれやれだぜ』
原作では、最初のほうに1度言っただけw
「~にかけて…」のほうが多いんですが、かなり下品なもの(身体の一部が入っていたり)も多くてさすがに放送では省かれてます。
>最近毎晩の様に強盗が出没するようなんですけどこれって…
鋭い!!原作ではもっと判りやすかった。
実は彼って3歳のとき親が死んでから、悪いこともしながら自分の力で生きてきたんですよww
「王になる」の予言が彼に自身を与えてるんですwww


補足

公式HPに地図がUPされています。これからの旅のお供に便利ですよ!
http://www.guinsaga.net/special/images/map.gif

イシュトは初登場のとき「ヴァラキアのイシュトヴァーン」と名乗ってましたが、沿海州のヴァラキアという国の出身なんです。
小説の地の文で説明されていることがたくさんカットされてて、未読者の方には解りづらいだろうな、と思う場面が多々あります。

Re: 補足

コメント感謝です、
>ruliliさん
地図拝見しましたがアルゴスが宣戦布告したとの事ですがモンゴールから一番遠いですねw
イシュはヴァラキアって言ってても一言では覚えてませんよ^^;しかも遠いしw原作有りアニメなので付いていけないかもw
>口癖
ぬぅ~~確かになんとかにかけてとか多いですね、毎回変わる守護神とかw
>強盗
やっぱりw
アニメで多少変更ですかね?
しかし自身満々なのか誇大妄想が凄いのか今の所は不明~~
将来に期待ですね。

ではでは

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


グイン・サーガ #13

リンダたちがアルゴスへと向かう中、パロではナリスの陰謀が着々と進行していました。ケス河を下っていたグインたちは、ようやくロスの街までやって来ました。久しぶりに街を目にして、イシュトヴァーンは俄然元気になりました。早速、イシュトヴァーンは宿とアルゴスに渡...

日々の記録 2009/07/02 18:51

グイン・サーガ 第13話    「海へ」 

第13話    「海へ」 

Happy☆Lucky 2009/07/02 19:28

グイン・サーガ 第13話 海へ

『海へ』内容ケス河を下るグインたち。そしてようやく、、ロスの街に到着する。眼前には、レントの海。。。。この海を船で越え、アルゴスに向かうだけ。するとイシュトヴァーンは、自分に従ってもらうと言い始める。グインでは目立ちすぎるし、リンダ、レムスでは、交渉が...


「グイン・サーガ」第13話

    第13話「海へ」グイン達はケス河を下りレント海の港町ロスに到着。ここでアルゴスに向かうため大海を渡る船を探す。片や政略結婚のためパロに乗り込んで来たアムネリスに婚約相手アルド・ナリスは「パロの秘密、古代機械を見せてあげる」と謎の部屋へ彼女を誘う...

日々“是”精進! 2009/07/02 19:52

『グイン・サーガ』第13話「海へ」感想

ああ、ついに落ちてしまわれましたか、アムネリス様。 すっかり恋する乙女モードになってしまわれて…。 散々もてあそばれたあげく、私の光...

星くず日記 2009/07/02 20:47

グイン・サーガ#13「海へ」感想

船を調達してアルゴスへ向う双子とグイン。クリスタルではナリスとアムネリスの距離が縮まって?「海へ」あらすじは公式からです。つかの間の夢は光に満ちて初めて知る蜜の味に心乱れる水面(みなも)に写りし互いの影は波に揺られて千千(ちぢ)と散りゆくグイン達はケス...

おぼろ二次元日記 2009/07/02 23:06

グイン・サーガ 第13話「海へ」

つかの間の夢は光に満ちて初めて知る蜜の味に心乱れる水面(みなも)に写りし互いの影は波に揺られて千千(ちぢ)と散りゆく&nbsp;ケス河を下り、港町ロスへたどりついたグインたち。次は海を越えて、アルゴスへ!!だがこれからはイシュトヴァーンが陣頭指揮を執ることに...


グインサーガ 13

先週見忘れてアニメワンでの試聴ですhttp://anime.biglobe.ne.jp/無料なのはいいけど1週間遅れ・・・そして昨日も見忘れたΣ( ̄口 ̄;)ナリス くっさー!!!でも綺麗な男にあんなふうに扱われたらやっぱり へなへなっと落ちてしまうんだろうなwちょっとアムネリス羨ま...

しなもにあ 2009/07/06 19:55

 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。